中国近代綿業史の研究 (東洋史研究叢刊)

著者 :
  • 京都大学学術出版会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • Amazon.co.jp ・本 (570ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876985159

作品紹介・あらすじ

本書では、インド産機械製綿糸の流入による「在来セクターの受容」から、日本紡績業の商品輸出、資本輸出にともなう「近代セクターの形成」に至るこのような中国綿業の歴史的展開を、主に機械製綿糸と原料綿花の流通過程に着目しつつ、かつ出来る限り定量分析のデータに依拠しながら、実態解明する。

著者プロフィール

森 時彦(モリ トキヒコ)
ビジネス・ブレークスルー大学経営学部客員教授
株式会社ワイ・インターナショナル代表取締役社長、株式会社リバーサイド・パートナーズ シニアアドバイザー。大阪大学卒業、工学博士(Ph.D.)。MITスローン経営大学院卒業、経営学修士(MBA)。株式会社神戸製鋼所、日本GE株式会社役員、テラダイン日本法人代表取締役などを経て現職。これまでに技術開発・製品開発・新規事業開発・営業・マーケティングなどのさまざまな組織でリーダーシップポジションを歴任。BBT大学大学院、日本工業大学大学院などで教鞭をとり、組織変革に関する実践的な授業を受け持つ。著書に『“結果”の出ない組織はこう変えろ!』(朝日新聞出版)、『ザ・ファシリテーター』シ
リーズ、『ファシリテーター養成講座』『ファシリテーターの道具箱』など、監訳書に『プロフェッショナル・ファシリテーター』(以上、ダイヤモンド社)がある。雑誌などへの寄稿多数。

「2016年 『プロフェッショナル リーダーシップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森時彦の作品

中国近代綿業史の研究 (東洋史研究叢刊)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする