稚魚―生残と変態の生理生態学

  • 京都大学学術出版会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876987740

作品紹介・あらすじ

何よりも,死なずに,食べられずにどう成長するか? 稚魚の体の構造とその生態の本然は,これにつきる.か弱い存在に見える稚魚だが,その生残戦略には,生命の本質が凝縮しているのだ.困難とされた魚類の生活環の解明に成功した著者が,分子レベルの知見も加え,今世紀の食料生産の柱である水産学と,それを支える生物学に新風を吹き込む.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [鹿大図書館・冊子体所蔵はコチラ]
    https://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA89573951

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1943年,滋賀県大津市生まれ。京都大学名誉教授,舞根森里海研究所長,NPO法人森は海の恋人理事,NPO法人SPERA森里海・時代を拓く理事ほか。1970年代に水産庁西海区水産研究所に勤務し,宝の海有明海に出会い,筑後川河口域で稚魚研究を続ける。ヒラメやスズキの稚魚研究を通じて森林域と海域の不可分のつながりに気づき,森と海のつながりとその再生を目指す統合学問「森里海連環学」を2003年に提唱。社会運動「森は海の恋人」との協同を進める。森と海をつなぐ干潟や湿地の再生に有明海と三陸沿岸域で取り組む。シーカヤックで日本の沿岸漁村を訪ねる海遍路に参加。著書に『森里海連環学への道』(旬報社,2008年),『増補改訂版森里海連環学』(京都大学フィールド科学教育研究センター編,京都大学学術出版会,2011年),『森里海連環による有明海再生への道』(花乱社,2014年),『森里海を結ぶ(1)いのちのふるさと海と生きる』(同,2017年)など。

「2019年 『いのち輝く有明海を』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中克の作品

稚魚―生残と変態の生理生態学を本棚に登録しているひと

ツイートする
×