コーポレート・ファイナンス理論と管理会計: VBMの新たな展開 (メルコ学術振興財団研究叢書 2)

著者 :
  • 京都大学学術出版会
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 0
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876987917

作品紹介・あらすじ

企業価値を創造する意思決定とは?企業価値の向上にむけた価値評価とは?ファイナンス理論の実践と応用。

著者プロフィール

経済学博士,日本証券アナリスト協会検定会員.

1993年名古屋大学経済学部卒業,同年アイシン精機株式会社入社.1998年株式会社大和総研出向,2007年名古屋大学大学院博士課程修了.2007年AISIN HOLDINGS OF AMERICA, INC.へ出向,財務役.現在に至る.
主な論文等に,「EVA企業になるために」(『証券アナリストジャーナル』2001年3月),“Ownership Structure, Corporate Governance, and Stock Price of the Japanese Firm: An Explanation from the Accounting Valuation Model”(EAA(European Accounting Association))2002 Congress,(中條良美氏と共著),「M

「2009年 『コーポレート・ファイナンス理論と管理会計』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大西淳の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×