動物たちのゆたかな心―心の宇宙〈4〉 (学術選書)

著者 :
  • 京都大学学術出版会
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876988228

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号・481.78/Fu 資料ID・100056980

  • 人間は万物の霊長を自負していますが、それは果たして本当でしょうか?人間が他の動物と違うのは、二足歩行し、言葉を操り、火を使い、道具を利用するからだと教わりました。けれど、動物たちにも言葉に代わるコミュニケーション手段があり、道具を使うのも、なにも人間だけに限られたことではないと知られています。著者が書いておられるように、人間が特別な存在だと思うのは、ただ単に他の動物のことを知らないだけの〝井の中の蛙〟だからではないでしょうか?本書では動物の心の働きを証明するための、興味深いさまざまな実験が紹介されていて、その結果にとても驚かされました。
    人は一人では生きて生けないなどと言われますが、人間は他の生物なしでは生きていけない、生態系の一部でもあるのですネ。命の尊さと、人間の愚かさをあらためて考えるよい機会になりました。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

京都大学大学院文学研究科心理学研究室教授

藤田和生の作品

ツイートする