原子力と共存できるか

  • かもがわ出版
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876993390

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 福島第一の事故をきっかけに、小出氏の対談をYoutubeで見たので興味がわき、図書館で借りた。

    確かに原子力は安価でもなく、安全にコントロールするのは難しいエネルギーだろう。一つの利権になっているのも理解できる。

    しかし原子力が二酸化炭素の排出削減に貢献しないとは言いすぎではないか? エネルギーミックスのため、では原子力を止めたら何から電力を得ればよいのか? 再生可能エネルギーでは少なすぎる。
    電力を消費しない小さな暮らしをして原子力不要の社会にしましょうというのは一つの意見として聴くべき点はあると思う。(実効性は薄いが。。。)

    原子力発電の原理等を判りやすく書いているのはよいが、加圧水型と沸騰水型とで図が誤植されているぞ!!

  • 原子力について、理科音痴の私にも分かりやすく書かれていました。また、原発推進派が国の中枢に多くいるのは、その利権のためだとばかり思っていましたが、実際にはもう一つの思惑があるのではないかと、この本を読んで感じ、ちょっと怖くなりました。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4876993394
    ── 小出 裕章/足立 明《原子力と共存できるか 3199711‥ かもがわ出版》
     

全3件中 1 - 3件を表示

小出裕章の作品

ツイートする