悪魔の思想―「進歩的文化人」という名の国賊12人

著者 :
  • クレスト社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877120375

作品紹介・あらすじ

反日思想の源流を斬る。『こんな日本に誰がした』第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは祖父からもらったものだ。
    高校の終わりぐらいで本に目覚かけぐらいの時だったので、
    この本の周辺も最初本を読む手掛かりになった。谷沢さんの人間通関係の本とか。
    大江健三郎とかも批判されているので、最初大江健三郎になかなか手が伸びない原因にもなった本。
    今はまただいぶ距離をもって眺めることができると思う。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1929~2011年。
文学者、書誌学者、元関西大学名誉教授。
著書多数。1980年『完本 紙つぶて』でサントリー学芸賞、2004年『文豪たちの大喧嘩 鷗外・逍遥・樗牛』で読売文学賞研究・翻訳賞、2006年『紙つぶて 自作自注最終版』で毎日書評賞ほか受賞。

谷沢永一の作品

ツイートする