羊の怒る時

著者 :
  • 影書房
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877140342

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2年以上前に読んでずっと印象に残っている本。
    関東大震災に関わる作者が経験したことをもとに書かれたものだったように記憶。完全にノンフィクションと言っていいのかは迷った気がする。
    個人的には、限りなく事実なのではないかと思うんだけど、いろんな向きがあるから一言では言い切れない。
    図書館でなんとなく手にとって借りた書籍の中では一番インパクトが強くてかなり集中して読みきった方。
    たまに読み返したくなる。
    某国と震災、というテーマに興味がある人には読んでみて欲しい。
    自分はこれを読んで何を得たといえるわけでもないんだけど、非常時における日本人の精神の動きについて、強烈に考えさせられた。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

明治22年(1889年)、岐阜県高山市生まれ。田山花袋の書生や代用教員のかたわら、創作に励む。大正15年『追放』を執筆後、渡欧。大作『山の民』は昭和13年に発売されて以来、改作を重ね、昭和48年最終稿が刊行された。ほかに、長編『受難者』『氷の河』、歴史小説『本郷村善九郎』など。

「2014年 『山の民 下 〈新装新版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江馬修の作品

羊の怒る時を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする