これを知らずに外貨投資・FXをやってはいけない―外貨投資にひそむリスクを回避せよ!

著者 :
  • テクスト
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877231545

作品紹介・あらすじ

サブプライムショック以降の円高で、外貨投資やFXをしていた個人投資家の多くが多額の損失を被った。外貨投資は、決して手軽に儲かる錬金術ではないのです。しかし正しく行えば、資産運用の助けになることも確か。そこで本書ではまずFXに潜むリスクを徹底解明。その上でリスクを避ける堅実な投資法を提案します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 必ずしも常識はあてにならないということ。

  • ○○のウソとか言う内容で、ゴールデンクロスやストキャス等テクニカルなことや
    有事のドル買いなどファンダメンタルな部分に関して、だましの話などを用いて
    そのまま鵜呑みにして信じちゃいけませんよ的な事を書いてます。

    ただ、その各項目の説明の最後とかに、その他のものと組み合わせて
    判断しましょう的な事が書かれてますが、どういうものと組み合わせて、
    どのように見ようという感じのことは無い。

    はっきり言って、テクニカルでもファンダメンタルでも正解ってものはない。
    だから、○○のウソってあげれば何でも書ける。
    第何弾でも書けそう。

    まぁ、こういうリスクがあるんで注意しましょう的な本なので構わないとは
    思いますが、具体的にそのリスクをどのように相場に繋げるかを知りたい人は
    立ち読みで十分かと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

福岡大学大学院商学研究科博士課程修了。福岡大学講師、九州情報大学大学院教授を経て、大阪国際大学教授に就任。大学では、「マーケティング」「グローバルビジネス」などの講義を担当。また講義や研究の傍ら、経済、経営、自己啓発関係の執筆および講演活動等を行っている。著書は『はじめての「マーケティング」1年生』(明日香出版社)、『引き寄せ力がぐ~んとアップする魔法の言葉』(TAC出版)『コトラーのマーケティング理論が面白いほどわかる本』(中経出版)、『新しい大衆「ロウアーミドル」はこうしてつかめ! 格差時代を生き抜くマーケティング』(PHP)ほか多数。

宮崎哲也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ロンダ・バーン
クリス 岡崎
南緒
ジェームズ アレ...
杉田 勝
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする