あした死んでもいい片づけ―家もスッキリ、心も軽くなる47の方法

  • 興陽館
3.28
  • (5)
  • (16)
  • (23)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 223
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877231903

作品紹介・あらすじ

総アクセス2400万突破(2015年4月現在)、No.1片づけブログ『ごんおばちゃまの暮らし方』発の本です。家も、お部屋も人間関係も、スッキリ片づければいつ死んでも、まわりの人に迷惑をかけないですし、自分の気持ちも軽くなります。いまから、人生の片づけ、はじめてみませんか?
スッキリ!モノのない生活をするための「心構え+具体的実践方法」!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一気に読み終わった。
    他の著書も全て持っているのでよく読んで、1日30分の抜き、ルーチンを楽しく無理なくやっていきたい。
    このかたの片づけ法や掃除法など実践的内容は一読の価値あり。
    (他の著書)

  • その通り❗️

  • 方法論よりは、精神論。行き詰まったときにめくる感じかな、今のところ。
    断捨離依存になりかけの人、他人の片付けに口出ししたい気分の人にはおすすめ。

  • 片付け・断捨離系の本で初めてトライしてみようと思った一冊。
    読み終えてもう早速、何年も使ってなかった物をゴミ袋にドッサリ抜きました。

  • ごんおばちゃま 著「あした死んでもいい片づけ」、2015.6発行。大胆に要約しますと次のようになります。①モノを吟味して持つ。(余分なモノ、今使わないモノは持たない)足るを知る。「しまう」より「捨てる」。②片づけは毎日(一日30分)する。体が動くうちに片づける。③人間関係の片づけも元気なうちから。会って嫌な気分になる人とは会わない。④シンプルにコンパクトに暮らす。スッキリ暮らせばまわりにも迷惑をかけないし、自分の心も軽くなる。

  • 実際の片付け作業を始める前の心構え。
    何故片付けるのか、片付けることによってもたらされるもの、「物」とどう向き合うのか、著者の「片付け」に関する基本的な考え方が書かれています。
    次は実践編を読みます。

  • 片づけの実用書かと思ったけれど。
    8割近くが人生論みたいな感じで、実際どうすれば片付くのか!?と突っこんでしまいました。ラストに47のリストが付いてますが、それだけでよかった...
    そこそこのお年を重ねた著者ならではの視点での片づけ術は本書では見られませんでした。

  • 親の家の片づけをどうしようと、うっすら思っていたが、この本に、無理くり片づけようとして親と気まずくなるより、自分でやると腹をくくったほうがいいと書いてあって腑におちた。

  • 感謝しましょう感謝しましょうと
    やたら繰り返していて
    本書でこの言葉を見る度に
    心が重くなった。
    著者が立派な人だってことが
    よくわかる本だった。

  • 物を多く持ちすぎる事は大変な重荷です。本当に必要なほんの少しの物を大切に使うことで、私たちは心が軽くなります。幸せにもなります
    うれしい、ありがたいと思っていると自然に良い人間関係になります。人の悪いところばかり見ていると不平不満が出ます。そして不機嫌になります
    幸せには決まった法則も規定はありません。自分が幸せと感じなければ幸せはどこにも存在しません。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

関西在住。主婦業の傍ら、自身の体験に基づいたブログ「ごんおばちゃまの暮らし方」を開設。同ブログは「片付けブログ」ランキング1位、総アクセス数4000万を越える大人気ブログに。“楽しく簡単な家事” をモットーに、ブログの読者とともに『片づけ隊』を結成し、培ったノウハウを伝える活動を行っている。著書に、『すっきり!幸せ簡単片づけ術』『心が軽くなるすごいお掃除術』(ともにイーストプレス)など。

「2019年 『あしたしんでもいい片づけ 普及版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あした死んでもいい片づけ―家もスッキリ、心も軽くなる47の方法のその他の作品

あした死んでもいい片づけ Kindle版 あした死んでもいい片づけ ごんおばちゃま

ごんおばちゃまの作品

あした死んでもいい片づけ―家もスッキリ、心も軽くなる47の方法を本棚に登録しているひと

ツイートする