エンド オブ ザ ワールド (GUSH COMICS)

  • 海王社
3.28
  • (7)
  • (16)
  • (23)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 166
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877241919

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天才教授の姉川には、常人と違う世界が見えている。
    それは天才すぎた彼の、幼い頃からの現実逃避の方法。
    コミュニケーション不全のまま大人になってしまった姉川に、興味を持って近づいてきたのは教え子の友坂。
    人を怖がり小動物のように怯える姉川の手に、友坂は優しく触れる。
    その目が言った。
    逃げないで、可愛いひと。俺はあなたが好きなんです。

  • 教え子×天才数学者

  • 天才教授は、その才能がゆえに周囲となじめずコミュニケーションがとれない。
    自分以外の人間を物語の登場人物にみたて、頭の中で再構築する。
    それでも、やはり感覚のズレはフォローできず人を怖がり最低限の接触しかしてこなかった。
    そんななか、一人の学生が慕って寄ってきて・・・

    いわゆる「おっさん」カテゴリ外です。
    ちまっとしていて、でもヒゲがあって・・・。
    いわゆる専門外には疎い「おじちゃん」というのでしょうか・・・。
    なので、おっさんクラスタには本を投げられちゃいそうな作品ではあります。
    ですが、コミュ障のおじちゃんが必死になってぐるぐるしている姿や、精神面の描写はさすがの一言ですよ。

    このCP以外にも何作か入っていますが、
    どれも面白かったです。

  • 天才であるが故の孤独や周囲とのズレを、メルヘンな世界に逃避することで埋めてきた姉川教授と、教え子で真っ直ぐな好青年・友坂。友坂との出会いで自分の世界が壊れていく不安と、初めて知った恋する気持ちに戸惑う教授が可愛くて癒される。表題作以外はいつものエロくてシュールなツミコさん(笑)

  • 【友人から拝借】

    初めて読んだ真行寺ツミコさん作品。
    表題作がほんわかしてて「絵柄に合ったマイルドなBLだな〜」と思ってたら、後輩はマニアックなエロ推しでビックリした(笑) あとがき読むと、そのギャップに読者は振り回されてるらしい…( ̄∀ ̄)

    表題作は、デキる大学生×頭が良すぎてコミュ障なヒゲ教授。 う〜ん、可愛い話だけど教授のヒゲが邪魔…(´・ω・`) しかし他にもヒゲ受けが収録されてるので、真行寺さんはお好きな模様。
    ほんわか:エロの割合は半々かな? よくわからない民族に捕まった特殊部隊2人の話と、弁当屋さん×リーマンの話が好きだった。
    …つまりはヒゲ受け以外だな…(笑)

  • 教授の頭の中に繰り広げられる世界観が、視覚的にも精神的にも感動しました。人が髑髏に見えたりする教授は可哀想に思えたけど、友坂が優しくて萌えた。総一郎がせつなかった。月の前に佇む姿に思わず涙。

  • 自分の殻の閉じこもって一生を終えようと思っている人間にとって、殻を破ってくれる人間が現れてくれること、その人物が誰よりも自分を愛してくれること、また、自分も好きで好きでたまらないと言う事。
    これがタマランのだ~っ!!!
    友坂が姉川の眼鏡に書いた「スキ」って文字とか、実に乙女ちっくでファンタジーやな、とも思うが、眼鏡愛用者の私にも誰かしてくんないかな(笑)
    真行寺ツミコさんの『エンド オブ ザ ワールド』再読。小さい時から頭脳が抜きんでていた為に普通の少年期を送れなかった姉川博士。周囲の人間と自分の相容れなさに「空想」をこじらせて「人の本当の姿が擬人化されて見えてしまう」コミュ障気味のおじさん。唯一人間にしか見えない友坂くんとコミュニケーションをしていく内に、自分の閉じられた世界が引力に引っ張られるように開かれていく様の描写!!ここ凄い!!「ゆらぎ」と「浮遊感」!!!
    個人的には姉川の最初のお友達になった渡部との学生時代のエピソードをもっと読みたいのと、渡部が幸せになって行く様も読んでみたい。姉川博士にとって初めてのお友達だった渡部教授が、その後幸せにあればいいな、と思うので、スピンオフ希望。スピンオフと言うか、もうちょっと読んでみたい。『リヒテンシュタイン博士~』も続き描いて欲しいし、真行寺さんの作品はそう言うの多い気がする。

  • 無駄の無い絵がきれいです。数学の教授で白衣は見たことないと思ったけど、病的な仕草はリアルすぎて、カワイイとか思えなかった。モサかっこいい学生も居そうなかんじでした。まつげとか。
    かわいい表紙に油断しますが、全体的にニッチな趣向で玄人向けと思います…

  • ふんわりした絵柄がかわいいおっさん受の本。

    無愛想な弁当屋さんのお話も好き。

    あと、上官受けも大好物なのでとってもお腹いっぱいの1冊でした~

  • 1冊まるまる教授の話かと思ったら違くて残念。残念!
    とは言え短編のお弁当屋さんの話も嫌いじゃなかったですが。

    メインは可愛く天然な小動物系髭オヤジ教授とイケメン生徒のお話なのですけど
    教授は無理に髭じゃなくても良いんじゃないかしら?と言うのが正直な話。
    ああでも髭がないと若くなっちゃうからか。うーん。
    ちょっと可愛い過ぎですけど、赤面純情オヤジ好きとしてはギリギリありの範疇。
    3話で終わりじゃなくて、もっとエピソード見たかったな。

全15件中 1 - 10件を表示

エンド オブ ザ ワールド (GUSH COMICS)のその他の作品

真行寺ツミコの作品

エンド オブ ザ ワールド (GUSH COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする