この世の果て

著者 :
  • 幻冬舎
3.37
  • (3)
  • (2)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877280079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家の本棚にあった本だ。誰も救われないような妙に暗い恋愛小説だと感じた。一つ一つのテーマも重く共感できるような登場人物が一人もいなかった気がする。
      随分前に月9の枠でドラマ化されていたらしいが、観てみたいとかいう興味は湧かなかった。

  • この世界観が好き。
    少し影があって、十字架を背負ってる主人公に惹かれます。ドラマも何度も何度も見直します。

  •  ドラマの小説版。ドラマは見たことが無いけど、画が浮かんでくる物語。
     話としてはとても辛い。不幸がどんどん続く。そんな中で貫こうとする愛。強さと脆さが共存するような人間達。明るい恋愛物ではないが、すらすら読めて、考えさせられた。なかなかオススメです。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1963年、新潟県生まれ。88年脚本家デビュー。数々の話題作を手がける。

この世の果てのその他の作品

野島伸司の作品

ツイートする