贅沢な恋人たち

著者 :
  • 幻冬舎
2.93
  • (0)
  • (1)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877280123

作品紹介・あらすじ

8つのホテルから匂いたつ、恋人たちの濃密な愛の吐息。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <閲覧スタッフより>
    村上龍、山田詠美、北方謙三など総勢8名の人気作家が名を連ねる短編小説集。実在するホテルを舞台に奔放な大人の恋が洒落たリズムで展開されていく…!狡猾で冷静な大人の洞察と心理描写は“上質な空間”がものをいう。
    まさにタイトル通りの贅沢さ。
    --------------------------------------
    所在記号:913.68||MUR
    資料番号:20042461
    --------------------------------------

  • ホテルをテーマにした短編集。「贅沢な恋愛」と八人の作家全員が一緒なのに出版社が違う不思議。

  • 最初の右手の話

    ドライブの話、
    それから
    東京のホテルでボーっとする話が面白かった。

    村上龍と北山さん?はやっぱ無理。
    合わない。
    みんなホテルを題材にしてるのが面白かった。
    最初の話が一番好き。

  • アンソロジーですが、どれもいい恋愛の話でした。贅沢って言葉がよく分かる、大人の恋。素敵でした。

  • 大人な本。私もイイ歳した大人なのだろうけど、もっと上の人たちの本だなぁと思った。全体になぜか諦めのようなものを感じてしまった・・・。もっと大人になったらすんなり気持ちが理解できるものだろうか?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

贅沢な恋人たちのその他の作品

村上龍の作品

ツイートする