冷蔵庫を壊す

著者 :
  • 幻冬舎
3.46
  • (7)
  • (6)
  • (27)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877280666

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1999年10月読了。

  • 狗飼さんの本の中で一番好きです。

  • 09/8/14 読了

  • 読んだことあるやつのなかでは好きかも。我思う、故に我あり。痛い。心地よい響きの言葉。孤独を知った。孤独を。何か苦しくって泣きたくなった。冷蔵庫を壊さなければ。

  • あたしが孤独を知ったのはいつだっけ?思い出せないけど、こんなに早くはなかったし、こんなに強烈でもなかった。そんなことを思い出しました。

  • 凄く繊細な雰囲気。すき。

  • 2007.3/15
     ハタチの作者のデビュー作だからしかたないかもだが、いまいち。10歳の男の子の目線だったらこうは思わないだろうという描写がいくつかあった。

  • 孤独とか恋とか。小学生の頃の自分はどう思っていたんだろうか。

  • この人が6年前くらいにファッション雑誌に連載してた小説 だれかしらない?

  • 小学生の恋。このひとの書くものはわたしにはいつもピンときませんが、このお話は素晴らしいと思います。

全11件中 1 - 10件を表示

狗飼恭子の作品

ツイートする