2/2(にぶんのに)

著者 :
  • 幻冬舎
3.78
  • (4)
  • (11)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877281380

作品紹介・あらすじ

「さようなら。私、幸せになんかなっちゃいけないんです」私の中のもう一人の自分、二重人格…。去る女、追う男。孤独に震える異国への旅が、自分の知られざる過去をたどる深い闇へと私を誘う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1996年11月30日読了。

  • 夜会で三度目の上演がされているため予習する目的で読みました。3度目にはストーリー展開が変更されているところはありますが、大筋が把握できて良かったと思います。夜会は今回初めて見に行きましたが、なるほどと納得、また行ってみたいと思いました。歌と舞台の総合、オペラのようでオペラでない、新しいジャンルでしょうね。

  • 今年の夜会が2/2とのことで再読。あくまでも莉花の視点からの物語なので、彼女の行動の原因が希薄かな。圭からの視点からの物語ももう少し見てみたい。今年の舞台がどうなるのかとても楽しみ。

  • 中島みゆきさんがライフワークとして取り組んでいる「夜会」を原作とした小説。

    小説なのは、やっぱりそれまでのシナリオじゃあ伝えられないっていうのがあったのかな?

  • 思った以上に楽しめました。

    伯母の言葉が原因で『多重人格者』としてのベースが出来たとか、案外話しがシッカリ出来ていたので驚いた。
    みゆきさんの『夜会』の一つで、同名の作品あり。

  • 夜会特集をテレビで見てこの本を知った。一人芝居でみゆきさんはどのように演じたのか、想像しながら読むのは楽しかった。

  • 【目次】
    一 陽射し
    二 霧雨(ムアン・フー)
    三 迷路
    四 竹の歌
    五 ひとごろし
    六 心音
     九五年 夜会「2/2」記録

全13件中 1 - 10件を表示

中島みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
中島 みゆき
高野 和明
村上 春樹
中島 みゆき
中島 みゆき
中島 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする