聖者の行進

著者 :
  • 幻冬舎
3.50
  • (5)
  • (11)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877282257

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 森田童子の訃報をきっかけに、野島伸司作品がなつかしくなって読んでみた。ほぼドラマと同じ流れで読みやすかった。こういうドラマがまた観たいけれど、今の時代地上波ではなかなか難しいだろうな。

  • 永遠のその生き様に思わず涙しました。
    テーマは重いですが、その中で生きる彼らは
    生き生きとしています。
    生きる活力を貰いました。

  • 障害者
    工場
    虐待
    告発
    敗訴

  • ドラマが好きなので購入しました。物語の背景をもっと知りたかったのですが、やはりこれはノベライズ本、ドラマをなぞる、という感じでした。
    ドラマ中の興味深い台詞をしっかり読みこめるので、ドラマファンにはお勧めです。

  • 今の時代じゃ絶対ドラマにできないだろうなー。

  • これが現実だろうな、やるせないけど。

    賃金千円って…
    やるせないわ。
    まぁ現実だろうけど。

  • ブックオフ105円

  • わりことはわり!
    ありすが星になった後あたりから
    宿題そっちのけで泣きながら読んだ本

  •  障害を抱えた人の話で、ドラマでは演技的に見づらかった印象の物語です。ただ本で読み返してみて、かなり心にこみ上げるものがありました。考えさせられる本です。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1963年、新潟県生まれ。88年脚本家デビュー。数々の話題作を手がける。

聖者の行進のその他の作品

野島伸司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする