赤い額縁

著者 :
  • 幻冬舎
2.97
  • (1)
  • (7)
  • (17)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877282585

作品紹介・あらすじ

次々と翻訳家が失踪する。古本屋がわけもなく売り渋る。読進める者みな得体の知れない恐怖に戦慄く。読み終えた者は誰一人としていない。それが洋古書『THE RED FRAME』だった。著者ジョーグ・N・ドゥームとは何者か。関わる者はなぜ奈落に落ちるのか。この本の周辺で起こる連続少女誘拐殺人事件の犯人は誰なのか?奇妙な隣人。赤い五芒星。壁の中の物音。匣の中の少女。暗号で書かれた手紙。修復された袋綴じの本。改竄されたFDのデータ。肩に置かれた柔らかな手。振り返れば、どこか色褪せ、異界がちらちらと覗く坂下の町。そして泥濘む謎に踏み出す、二人の探偵。知られざる奇書をめぐる、怪奇と倒錯の大迷宮。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一応ホラーのはず。

    最初は怖くてかなりの速さで読み進めましたが
    途中からちょっと訳が分からなくなってきた・・・

    結局いまいちよく分からんかった・・・

  • 作中に仕掛けられたトリックに気づいた時は凄い鳥肌立った。今だと2chとかでありふれたタネなのだけれど、当時の私には斬新だったのです。
    ここでもやりたかったのに、改行が詰められちゃうんだもの・・・!

  • 高校生の時に読んだ。
    吸血鬼探偵好きだw

  • 043.98.10/20.2刷、並、カバスレ、帯付、書庫。

  • かなりカオスな内容なのは承知の上。本格ホラーと
    本格ミステリの完全な融合を目指すという試みの高さには
    敬服しますが、やはり本格ホラーテイストが勝ったような...。
    そもそもホームズ、ワトソン役からしてホラーじゃんか(笑)。

    かなり注意して読んでいたんですがやはり多少の混乱をしつつ、
    でも想像していたより充分読みやすくて、作品としては面白かった。
    作中に仕掛けられた病的なまでのアナグラムと暗号の数々。
    こんなの初見で分かる人なんているんですか(笑)。
    そして最後の最後。今作に使用された原稿用紙の枚数!!!
    ザッツ・プロ作家!

  •  途中が入り組みすぎて、ややこしくて、読みづらい。最後は謎の解明なのでさらっとなるのはしょうがないんだけど、も少しあってもよかったかな。読みづらいけど、読み終わっちゃえば面白かったと思える作品。サスペンスホラーが好きな人は是非!

  • 途中混乱して読みづらい部分もありますが、最後には「そうだったのか」的なミステリーものとしては最高の小説だと思います。決して混ざることのないホラーとミステリーの融合した斬新な一冊でした。

  • ぁー<br>こんな本も読みましたねぇ。<br>
    この本だっけ?「何ページに飛ぶ」とかって読み方したの。。。ぁぁぁぁぁぁぁ気になる。
    <br>
    今の今まで存在を忘れてたって事はそこまで面白くなかった模様。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1960年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。早稲田大学第一文学部卒。87年『地底の鰐、天上の蛇』(幻想文学会出版局)でデビュー、97年『百鬼譚の夜』(出版芸術社)で本格デビューし、幻想小説、ミステリー、ホラーなど多岐にわたる分野の作品を次々に発表する。近年は時代小説に力を入れ、人情ゆたかな世界を描き続けている。「小料理のどか屋 人情帖」「南蛮おたね夢料理」「大江戸隠密おもかげ堂」「包丁人八州廻り」「大江戸秘脚便」など各シリーズがある。

赤い額縁のその他の作品

赤い額縁 Kindle版 赤い額縁 倉阪鬼一郎

倉阪鬼一郎の作品

ツイートする