水の通う回路

著者 :
  • 幻冬舎
3.22
  • (3)
  • (6)
  • (25)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 63
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877282653

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人気ゲームソフトをプレイした日本中の子供が全く同じ幻影―黒いマントの男の陰に脅え、魅入られたように次々に自殺行為に走る!いったい誰が何のために、そしてどうやって…潜在意識下に持つ恐怖を人為的に表面化させることは可能か?最高の、そしてかつてないサイコ・サスペンスが今あなたに問いかける。

  • この小説は、かなり前の小説1998年に出た本なんだけど
    すごく面白かった!
    松岡圭祐って「催眠」と「千里眼」シリーズずっとずっと
    書き続けてるから、ほかのはあまり見ないし書いてないのかと
    思ってた。
    物語は、少年がいきなりナイフが突き刺さったまま
    バスから真っ青な顔をして降りてくるところから始まり
    それは、なんとゲームソフトによる幻覚ではないかと
    その事件を皮切りに全国で少年少女の自殺騒動が相次ぐ。
    そのゲームソフトを開発した会社の社長である桐生の
    独立して有限会社から大きくしていくまでの
    正直な生き様やら、少年問題にかかわる事件を政治がわから
    向き合っていく政治家やら、事件の真相をつきとめる警察がわからの
    視点やら、すっごく丁寧に描かれている。
    また、桐生のライバル会社である神崎と桐生との対決やら。
    色んな角度から事件の真相を追っていくので飽きないし
    ほんっとに面白い。
    また、ゲームソフト会社なだけあって、内部のコンピューター関連の
    話が出てくるんだけど、98年って一般家庭では、まだPCだって
    ADSLの普及はしてなかったはずだし。
    松岡圭祐って、どこまでアタマの中身進んでるんだろう?と。
    いや、もしかしたら、著者が語りたかったのは、どれだけ時代が
    進んでITが進んでも、人の心は変わらない変わってはいけないと
    伝えたかったのかもしれないな〜と。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

松岡 圭祐(まつおか けいすけ)
1968年生まれの作家。1997年に出した小説デビュー作『催眠』がヒット作となりシリーズ化される。1999年の『千里眼』も人気を博し、シリーズ化。
一番著名なのは『万能鑑定士Qの事件簿』をはじめとした「Qシリーズ」で、「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」というキャッチコピーで人気を博し、映画化された。

松岡圭祐の作品

ツイートする