憂国呆談

  • 幻冬舎
3.40
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877283209

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々の再読でも面白かった。世の中で起こったあんなことやこんなことに対して、著者の二人が言いたい放題なところが好き。でも一部の文化人の言われようは、少しかわいそうになるぐらいのところも(笑)神戸空港建設反対運動の流れは迫力を感じた。

  • 浅田彰は、新人類の旗手と呼ばれ、新しい理論を展開するのかと思っていた。
    田中康夫がダム問題で長野県知事になったのに、なぜか上滑りで本質的な問題を追求しない。

    なんで、より本質的な問題について対談しないのだろう。

    違う世代の人には、ひょっとしたら参考になることがあるのかもしれない。
    新人類のなれの果ては、振り返ると自分のことかもしれない。

    http://researchmap.jp/jop3ywvbv-45644/

  • 面白おかしく読める。が、「国を憂う」と題する本がそれでいいのか?

  • \105

全4件中 1 - 4件を表示

浅田彰の作品

ツイートする