有元葉子の料理の基本

著者 :
  • 幻冬舎
3.62
  • (9)
  • (15)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 154
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877283599

作品紹介・あらすじ

基本をおさえたら、あとは自由に気の向くままに自分らしい料理を作るだけ。見て学ぶ、かたづけの極意、これだけは揃えたい道具、野菜を生き返らせる方法、生魚の下処理、肉をおいしくいただく法など。プラス肉じゃが、野菜炒め、シチュー、煮魚、ステーキetc.のレシピ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 章ごとに挟まれるエッセイ風の文章、好き(^.^)

  • 2015、2、11

  • -

  • 料理の写真が好き。

  • 有元葉子さんのおっしゃる内容にいちいち共感した。そしてワクワクした。そうなのそうなの!そうだよなー・・・ふむふむって。
    有元さんの生き方が好きなんだと思う。とても憧れる。料理というより生き方なのだ。調理に向かう姿勢、キッチンの環境や器具や食材に対する気持ちと関わり。それらひとつひとつにときめいてしまう。
    最近つばめグリルで食べたハンブルグステーキに感動してハンバーグにとても興味津々なため、自家製ひき肉のハンバーグに食いついた。部位も厳選してこだわりの逸品が完成するだろう。料理ってものすごく楽しい。

  • 図書館で借りて読んだが、購入を検討している。写真がキレイで、眺めているだけでも楽しい。

  • 丁寧な説明と写真付きでわかりやすく、家で料理をしていなかった一人暮らしデビューの後輩にプレゼントした。

  • 165

  • (図書館にて貸出)

  • シンプルかつ的確なお作法。お料理の基本について学べる本です。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

素材の持ち味を生かし、余分なものを入れない引き算の料理が人気。
自分が本当によいと思える食材を使い、心と体が納得するシンプルなおいしさを追求。
東京・田園調布で料理教室「cooking class」を主宰し、自由な発想でレッスンを行う。
料理教室と同じ建物にある「shop281」では、自身が使う基本調味料や油、キッチン道具などが揃う。

「2020年 『しょうがの料理』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有元葉子の作品

有元葉子の料理の基本を本棚に登録しているひと

ツイートする
×