ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.40
  • (69)
  • (77)
  • (269)
  • (25)
  • (6)
本棚登録 : 1137
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877284756

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お洒落な外国映画を観ているような本。

  • 山田詠美さんの肉体感覚表現を堪能したい人におすすめ。

  • <目次>
    WHAT'S GOING ON
    ME AND MRS. JONES
    黒い夜
    PRECIOUS PRECIOUS
    MAMA USED TO SAY
    GROOVE TONIGHT
    FEEL THE FIRE
    男が女を愛する時
    あとがき
    解説 青山南

    2016.07.16 山田詠美は『痴人の愛』に影響を受けたらしい。

  • 湿り気のある緊張感が漂う本

  • これが、直木賞受賞作品ですか!?なんで?「アニマルロジック」なら納得だけど。

  • エロかった。あ、でも向こうの文化はこういう感じかな?MAMA USED TO SAYは良かった。

  • 1987上半期 直木賞

  • こんな作品を書けるってある意味すごい。

  • 粋な恋愛小説。ソウルミュージック好きもそうでない方も。

  • ブラックカルチャーにかぶれた感じ

全67件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山田 詠美(やまだ えいみ)
1959年、東京生まれ。明治大学文学部中退。85年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞受賞。同作品は芥川賞候補にもなり、衝撃的なデビューを飾る。87年には『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞受賞。89年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、91年 『トラッシュ』で女流文学賞、96年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、2000年『A2Z』で読売文学賞、05年『風味絶佳』で谷崎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞、16「生鮮てるてる坊主」で川端賞を受賞している。その他の著書に『無銭優雅』『学問』『タイニー・ストーリーズ』『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』などがある。

ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー (幻冬舎文庫)のその他の作品

山田詠美の作品

ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする