草原の輝き (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877285685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 忘れられない一冊。
    世間の評判はあまりよくないようですけどね。
    でも少なくとも19歳の僕は、この小説によって確かに浄化され救われました。
    現在の野中さんの成熟した文体では、逆にこの小説はこれほど軽やかで清冽で瑞々しい仕上がりにはならなかったのではないでしょうか。

  • 「死んでも、生きる。私たちが一生懸命生きているかぎり、愛したものは生き続ける。」本の標題である「草原の輝き」は右の主旨を歌うキーツの詩の一節から選び取られた。
    解説

  • nnn.最初は戸惑いました。でも、こういう夢うつつな感じが、逆に、真実味というか、より親近感を話に与えていて、自分のことのように、自分の場合に置き換えて読んでいました。最後には、爽快感だけではない、なんとも言えない感覚があります。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1964年生まれ。立教大学卒業後、ニューヨーク州在住中の91年、「ヨモギ・アイス」で海燕新人文学賞を受賞してデビュー。小説『ダリア』『小春日和』『昼咲月見草』『彼女の存在、その破片』『波止場にて』など、エッセイ集『きらめくジャンクフード』など著書多数。また『パンダのポンポン』シリーズ(絵/長崎訓子)など、児童書・絵本の分野でも活躍。

草原の輝き (幻冬舎文庫)のその他の作品

草原の輝き (角川文庫) Kindle版 草原の輝き (角川文庫) 野中柊
草原の輝き 単行本 草原の輝き 野中柊

野中柊の作品

ツイートする