ヒュウガ・ウイルス―五分後の世界 2 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.55
  • (111)
  • (188)
  • (320)
  • (37)
  • (5)
本棚登録 : 1542
レビュー : 103
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877285852

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 細かい描写やリアルな表現は前から受け継がれている。しかし、それを無理に分子生物学の知識に結び付けるのは…

    ヒスタミンによるアナフィラキシーのところとか怪しいし、内出血によりなんで内臓溶けないんだよ!という疑問。

  • 微妙な作品。前作(?)五分後の世界はいいです

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヒュウガ・ウイルス―五分後の世界 2 (幻冬舎文庫)のその他の作品

村上龍の作品

ツイートする