大河の一滴 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.53
  • (147)
  • (201)
  • (352)
  • (58)
  • (14)
本棚登録 : 2846
感想 : 248
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287047

作品紹介・あらすじ

なんとか前向きに生きたいと思う。しかし、プラス思考はそう続かない。頑張ることにはもう疲れてしまった-。そういう人々へむけて、著者は静かに語ろうとする。「いまこそ、人生は苦しみと絶望の連続だと、あきらめることからはじめよう」「傷みや苦痛を敵視して闘うのはよそう。ブッダも親鸞も、究極のマイナス思考から出発したのだ」と。この一冊をひもとくことで、すべての読者の心に真の勇気と生きる希望がわいてくる感動の大ロングセラー、ついに文庫で登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 長女(中2)から面白いよ!と言われて、悔しく読んだ「大河の一滴・五木寛之」。「現在人間が謙虚さを失っているのではないか」「失敗した人生こそ価値のある人生である」「人の欠点こそ認め合うこと(寛容)こそ大事なこと」など、示唆に富む内容だった。約20年前に書かれたこの本は現在の社会病理を見事に突いてきていると感じた。柳に風という言葉があるように、敵に立ち向かう努力とともに、受け流すことも必要と思う。受け流すということは、人間の弱さを認識し、社会がお互いに寛容になって、気楽に死に向かっていこう!ということかな。

  • ◯昔、何故か母に読めと言われた本だが、この歳まで読まずにいた。ひと頃の脱力感から抜け出せていたものの、本を読むにはまだ乗り切れなかった時に、有名なフレーズを目にした。
    ◯そういえば親鸞という本を書いていたな、と思い出す。仏教徒ではないけれども、考え方は好きという点になんとなく納得する。端々に、執着せずに生きることが語られていると思う。目から鱗とか、新しい知識を得たというわけではないけれども、
    ◯わたしを苦しませるあの人も大河の一滴であり、当然自分は取るに足らない大河の一滴なのだ。悠然と、流れるようにしなやかに生きていれば良いのだと思った。

  • 芸能人の自殺が続いているので、冒頭を読んだ時に今の時代に書かれたんだっけと勘違いした。それくらい今の日本を取り巻く現状に相応しい内容だし、結局書かれた20年前から世の中変わってないのかなと思うと少し哀しい。
    私達は自分の力で生きているように見えるけれど、そうではなくて生かされていて、大河の一滴のようにちっぽけな存在。でもこの命は大河のように巡っていく。そう思うと、今が辛い時でも生かされているありがたさを実感する。

  • だいぶ以前に購入して、読みかけて積んで有った。
    余りに忙しい日々には、心に落とし込めなかった。
    1日数ページずつくらい、じっくり読まないと、私には内容が濃すぎて、二か月位かけて読了。
    何と沁み入る本だろう!

  • 自分の命の重さに実感がない、イコール他者の命も同じような重さでしかない。

    コロナのいま、なんか、まさに読み返すにいい、、すごく示唆に富んでいる

    大事な書、、なんども、読み返したい。

  • 仏教に倣えて書かれたエッセイだけに時代に左右されず、今回の帯に書かれたコロナだけじゃなく、混沌とした現世を通して全てに当てはまるから読んでて相槌を打ってしまう。前半に書きたい全てを投入してしまったようで、中盤からラストにかけてはラジオの垂れ流しである。
    相入れない内容もあれば老人の小言と言いたいのもあったが、仏教用語や老子や親鸞などのエピソードの解釈は楽しかった。
    人は大河の一滴。なかなか洒落たタイトルで、今の生き方の指針としては十分に満たしてるかなぁと。むしろアフターコロナの到来時にこれを読んで踏み止まって欲しいと願いたい

  • 正に、疲弊しきった現代をいかに生きていくかの指南書。
    人間、ポジティブな考えで生きて行かなきゃねって自分もよく言われるけど、筆者はむしろ闇から光を見いだすことこそが大切だと訴える。
    自分も、精神的にかなり落ち込んでしまう時が今もある。そんな状況から抜け出したいと何度も考えた。
    いくら悔やんで苦しい思いもしても、自分という個にしたら、沢山の人間の方々が抱える苦しみに比べられもしないかなぁ。
    正に、自分の思いは大河の一滴にも満たないものかも知れない。
    我慢するなって言われても、できないから無理をしてしまう。誰も助けてくれない。こういう時代だからこそ、逆行から一縷の希望を探す生き方が必要なんだでしょうね。
    生きるって大変なことなんだよね。
    コロナ禍で苦しんでいる時に読んで欲しいなー

  • 全体的に読みやすく人生観や価値観に対することについて書かれていました。
    仏教の言葉がたまに出てきて、新しい言葉に出会えたことは面白かったです。

    全般的に少し悲観的な感じがしました、、、

  •  五木さんの本は初めて読みましたが、彼の人生における戦争体験が原点で、この本の題である「大河の一滴」という意味がよく理解でました。
     ところで、私は毎朝写経をしており、「無」とか「空」とかいう概念と日々接しており、五木さんが引用する仏教的な示唆もよく理解できました。
     人は生まれた時点で「死」に向かってキャリアを積んでいくということ。そして、地獄からの原点・発想で有意義な人生を組み立てていく。弱者への視点、寛容(トレランス)、これからの残りの人生五木さんのおっしゃたことを参考に有意義に過ごしていきたいと思います。

  • 死や悲しみはマイナス思考であり、人はそれを考えることすらなるべく避けようとする。
    しかし、プラス思考、マイナス思考両方を抱えることによって今ここにいる自分の命の尊さに気づくことが出来る。
    辛い状況に陥っているからこそ、希望の光を見ることができる。
    だからこそ、今避けがちなマイナスの思考を敵視することなくあれもこれもと抱え、所詮そんなもんだと肩を落とすことでまた次に進めると考えた。
    そして、色々な事を好きになる。自分の命の尊さを気づく。これが、人のことを考えられることだと思う。

全248件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

訳:五木寛之
1932年(昭和7年)9月福岡県生まれ。
生後まもなく朝鮮に渡り、47年引揚げ。66年『さらば モスクワ愚連隊』で第6回小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、76年『青春の門』ほかで第10回吉川英治文学賞を受賞。
2002年、第50回菊池寛賞、09年にNHK放送文化賞、10年に『親鸞』で第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
著書には『朱驚の墓』、『戒厳令の夜』、『生きるヒント』、『大河の一滴』、『他力』、『蓮如─われ深き淵より』、『天命』、『私訳歎異抄』、『日本人のこころ』、『下山の思想』ほか、シリーズに『百寺巡礼』、『21世紀仏教への旅』などがある。
翻訳にリチャード・バック『かもめのジョナサン完成版』、ブルック・ニューマン『リトルターン』などがある。ニューヨークで発売された英文版『TARIKI』は2001年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門)銅賞に選ばれた。

「2022年 『歎異抄手帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五木寛之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
三島由紀夫
金原 ひとみ
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×