群青の夜の羽毛布 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.45
  • (84)
  • (142)
  • (333)
  • (30)
  • (5)
本棚登録 : 1103
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287184

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぐんぐんと読んでしまった。

    ドライな小説かとおもいきや、もうダークダークダークで…それでも惹かれてしまうお話。

    最後どうなるか心配だったけれど、一筋のほんのりとした光りが見えた気がしてほっ。

    あ〜、主人公の恋人鉄男くんを好きになってもうた。あんな青年いないよなぁ。

  • 狂気的なんだけど、よくありそうでもあり、怖かった。でも面白かった。家族ってなんだろう?と思いました。

  • 悶々としてしまう小説。

  • 怖い、でも一歩間違えば有りがちとさえ思えてしまうような、家族の愛と憎悪。

  • スっと

  • 母親と二人の姉妹との確執。語り手は姉の彼氏だろうか。ヘビーだった。鬼母から逃げろと何度も思った。
    父親に関してはもうむかついて仕方なかった。
    最後は意外だった。覚悟しながら読んでた。

  • 先生、こんばんは。
    どうぞどうぞ。座って下さい。

  • 各章の最初のカウンセリング、段々と謎が解けていく。
    なんだか不思議な家族。母姉妹。
    でも面白くて一気に読んだ作品。
    なんだか山本文緒はいつも切なさを秘めた物語を書く。
    そしてそれがあたしの心にどかーんとくる。
    たまに怖さも加わる。
    でもなんだか好きなんだよねー
    ちょっと前に読んだやつだから、記憶がちょっと曖昧。
    そんなわけで星は4つ。

  • 家族の複雑さ。その裏にある秘密。
    何やら悲しい家族とその中の娘を好きになってしまった男性の物語。
    家族には家族にしか解決できない何かがあるのだろうか?人は何かを隠しながら相手を伺いながら生きていくしかないんだろうか?

  • 家族って一体何でしょう。たまたま血が繋がっているだけで、どうして一緒に暮らしているんでしょう。丘の上の一軒家に住む女3人。家族とも他人ともうまく関係を結べずに大人になった長女と、その恋人を巡って、母娘の憎悪、心の奥底に潜めた暗闇が浮かび上がる。。恋愛の先にある幸福を模索した、傑作長編小説。家族って一体何なんでしょう・・・とか疑問を投げかけておきながら、結局恋愛に視点を向けてるお話な気がした。恋愛の拗れた部分から、母は娘に対する裏切りを。父は母に対する復習を。アタシに言わせれば、卑怯な程にとても醜いやり方で。恋愛は,プラスのエネルギーを生み出してくれるものだと、今もそう信じたいアタシにとっては、何だか凹んでしまうようなストーリーだけれど、本の中の毒の具合にはまった。映画化されるらしく、本上まなみ主演らしいんだけど、ぜひ見てみたい。

全139件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1962年11月13日横浜生まれ。 神奈川大学卒業後、OL生活を経て、87年「プレミアム・プールの日々」でコバルト・ノベル大賞、佳作受賞。 99年「恋愛中毒」で第20回吉川英治文学新人賞、 2001年「プラナリア」で第124回直木賞受賞。

「2019年 『シュガーレス・ラヴ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

群青の夜の羽毛布 (幻冬舎文庫)のその他の作品

山本文緒の作品

ツイートする