群青の夜の羽毛布 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.45
  • (84)
  • (142)
  • (333)
  • (30)
  • (5)
本棚登録 : 1104
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287184

作品紹介・あらすじ

家族っていったい何でしょうね?たまたま血が繋がっているだけで、どうしていっしょに暮らしているんでしょう。-丘の上の一軒家に住む女三人。家族とも他人ともうまく関係を結べずに大人になった長女と、その恋人をめぐって、母娘の憎悪、心の奥底に潜めた暗闇が浮かびあがる…。恋愛の先にある幸福を模索した、ミステリアス長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは辛い。読み終わってからも悲しい気分のままでした。この世界から早く抜け出したいと思ってしまいました。最後はああ良かったと思える本が好きなのです。でも母親が怖いと感じることはとてもよく分かります。仕事をするようになるまでの人生と言うのはかなり視野の狭い世界を生きていると思うのです。社会に出て初めて自分の家の内情が客観的に見えてくる。私はそれを体験したので母親に逆らえない気持ちは理解できます。でも、それにしても悲しい作品でした。

  • *若干ネタバレ注意

    カウンセリングの話と、物語の展開を効果的に並行して伝えているのがさすがだなぁと思った。当初、カウンセリングを受けているのは主人公だと思い、中盤では母親かと思った。かとおもいきや・・・。これぞ、小説だからできる表現だと思った。
    それと、最後。主人公があそこまでしなければあの家から離れられなかったということに、とても共感した。時に人は、何かと決別するために、行き過ぎる所までいってしまわなければ、どうにも自分を止められなくなる。そういう弱さを抱えながら、もがいて苦しむ様子が、心に突き刺さった。
    山本文緒さんは、弱さや卑怯さ、卑屈さを抱え、ピュアで愚直すぎるほど真っ直ぐな人間を描くことに関しては、卓越していると改めて思った。

  • 初めて読んだ山本文緒さんの作品。どこで見かけたのか思い出せないけれども、たぶんどこかでレコメンドされていたのだと思う。

    母親の恐怖政治的な支配のもとで育った二人の娘とか、その父親など、複雑な家族関係が常軌を逸しているとは思うが、でも実際にこれに近しい家族は結構いるのではないかとも思う。家族の形態はいろいろあるなぁとも思えるし、家族は一番近い存在だけに非情にもなれるという点がこの話の根底にある気がする。なかなか面白かったので☆4つで!

  • 意外と心理サスペンスだったんだけど、なんかもうちょっと掘り下げてくれても良かったかも。

  • サイコホラーかと思っちゃったよ。
    というくらい、主人公さとるの思考回路がヤバい。
    鉄男との結婚を思い詰めるところが本当に怖い。。。

    母娘の関係の異常さも生々しい。
    でもラスト前に母親が「私だってこんなに妥協してやってんのにあとどうすりゃいいっていうのよ!」「何でも私のせいかよ!」みたいに言うところは、確かにそうだよなあ、、、と思う部分もある。
    次女という立場も大きいだろうけど、みつるは何とか育ってるわけだし。

    鉄男と母親が何で寝たのか、っていうかその出来事ってストーリー上必要⁇とか思っちゃうけど、それでさとるがキレるわけだから必要か。
    でもなんか唐突な感じがした。

    そして鉄男が嘘をついてたっていうのも、は?ってなる。
    結婚しようとか、今までのモノローグはなんだったわけ?
    やはり少し唐突に感じる。

  • ただの恋愛ものかともったら、結構病んでる小説だった。

    家事手伝いのさとると、彼氏の鉄男。
    もう立派な大人なのに門限を物凄く気にしたり、母親に逆らえない様子なのに、簡単に体を許してくれたりするさとるに、不思議に思いながらも惹かれていく鉄男。

    しかし、家族には秘密があった。

    支配的な母親と、一階の座敷牢のような場所に監禁された父親。その二人から逃げる為、さとるは実家に火を放つ。

    所々入るカウンセラーとの会話が誰のものなのか気になっていましたが、あれは父親とさとるの会話だったんですね。

    なかなかヘビーな内容なので、精神的に余裕のある時に読む事をお勧めします。

  • ミステリというよりもミステリアスな雰囲気が終始漂っている作品だった。
    そのおかげで一気読み。
    この不思議な感じの正体が知りたくて。
    最初どこにでもある母子家庭なのかなと思っていた。
    母親はきつそうで、姉は精神的に病んでるのかな、妹は妹らしい子だなと何の疑いもなく読み進めていたんだけど、どこかで何かが引っかかる。小骨のようなもの。あるのかないかもわからないレベルの違和感。
    それがどこからなのかは判然としない。たぶんずっと。最初からだと思う。
    その小骨が知らぬうちに大きくなっていく。
    山本文緒さんの作品を読むのは初めてなのだが、どの作品もこんな感じなのだろうか。
    落差がない。じわじわ。本当にじわじわ不思議さが増していく。最後までそれは変わらず、違和感の正体がわかっても収縮もしない。なんだこれ、と思った。
    共感するところもあまりない。好きになれる人物もいない。
    ただ、なんか惹かれる。けれど、その正体もわからないという謎だらけの作品。
    読み終えた時に心に残ったのは虚無感と満足感。相反するのに共存しちゃっている。何度も言うけれど、本当に不思議。

  • 家族が病んでいる理由と鉄男がどういう選択・決断をするのか気になり一気読み。母親が恐ろしい…けれど、ここまでではないにしてもこのように子供を“去勢”している母親或いは父親って世の中に沢山いると思う。 真っ先に家族とサヨナラしていきそうなみつるがそうしないことが少し不思議だったけれど、あんな家族でも大事なんだろうなと…そして母親が病院のベッドで娘と夫の悪口を言うシーンで、この人もこの人なりに家族を想っているんだと感じた。

  • 歪んでても歪んでなくても家族は家族なんやろうなぁ。
    ウチは、こんな風じゃなくて良かったと安心しながらもアタシが、こんな母親に絶対にならへんかって不安も同時に出てきて、、、。
    「気をつけよう。」なんて思う事で、身動きが取れんくなるんも怖い。
    でも、気を付けよう。

  • 図書館にて借りました。

    「家族って何だろ?」がテーマだと思う。
    少し私の実家と似ていた。
    母が絶対。
    「~しなさい」「〇〇はこうしたら間違いないの!」
    良く聞いたな~。
    今では笑い話(笑)

全139件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年11月13日横浜生まれ。 神奈川大学卒業後、OL生活を経て、87年「プレミアム・プールの日々」でコバルト・ノベル大賞、佳作受賞。 99年「恋愛中毒」で第20回吉川英治文学新人賞、 2001年「プラナリア」で第124回直木賞受賞。

「2019年 『シュガーレス・ラヴ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

群青の夜の羽毛布 (幻冬舎文庫)のその他の作品

山本文緒の作品

群青の夜の羽毛布 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする