群青の夜の羽毛布 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.45
  • (84)
  • (142)
  • (333)
  • (30)
  • (5)
本棚登録 : 1104
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287184

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 意外と心理サスペンスだったんだけど、なんかもうちょっと掘り下げてくれても良かったかも。

  • ただの恋愛ものかともったら、結構病んでる小説だった。

    家事手伝いのさとると、彼氏の鉄男。
    もう立派な大人なのに門限を物凄く気にしたり、母親に逆らえない様子なのに、簡単に体を許してくれたりするさとるに、不思議に思いながらも惹かれていく鉄男。

    しかし、家族には秘密があった。

    支配的な母親と、一階の座敷牢のような場所に監禁された父親。その二人から逃げる為、さとるは実家に火を放つ。

    所々入るカウンセラーとの会話が誰のものなのか気になっていましたが、あれは父親とさとるの会話だったんですね。

    なかなかヘビーな内容なので、精神的に余裕のある時に読む事をお勧めします。

  • 図書館にて借りました。

    「家族って何だろ?」がテーマだと思う。
    少し私の実家と似ていた。
    母が絶対。
    「~しなさい」「〇〇はこうしたら間違いないの!」
    良く聞いたな~。
    今では笑い話(笑)

  • 圧倒的な権力で家族を押しつぶす母親
    心を病む長女。必死にもがく次女

    長女の年下の恋人の素直さが救いかなぁ
    でもあんな家族を背負うのは
    もし私が男だったら、やっぱり逃げてると思う

    かなりヘビーな1冊

  • 家族っていろんな形があるだろうけど、一つくらいは他人には理解できないような部分があるよね、と。


    さとるに苛立ちながら読んだのは、彼女は私に似ているかもしれないという思いがどこかにあるからかもなあ、と。あそこまで圧迫されてるわけではないし、不安定でもないつもりだけど。


    どうして不安定な人って見てて苛つくんだろう。苦しんでいるのは分かるのに、自分が変わろうとしないから悪いんだってどうして思ってしまうんだろう。弱っているはずなのに、人の顔色をうかがう余裕があるからかな。同族嫌悪ってやつかな。それとも単に、私に思いやりがないからかな。

  •  怖い、とても怖かった。鉄男の環境が両極端へ飛ばされまくり、ある意味翻弄されているのが、とても怖かった。ホラー映画の恐怖とはまた別の怖さ。いろいろもっと適当にやってかないとこんな風になってしまうかも、という感じ。

  • ぐんぐんと読んでしまった。

    ドライな小説かとおもいきや、もうダークダークダークで…それでも惹かれてしまうお話。

    最後どうなるか心配だったけれど、一筋のほんのりとした光りが見えた気がしてほっ。

    あ〜、主人公の恋人鉄男くんを好きになってもうた。あんな青年いないよなぁ。

  • 母親と二人の姉妹との確執。語り手は姉の彼氏だろうか。ヘビーだった。鬼母から逃げろと何度も思った。
    父親に関してはもうむかついて仕方なかった。
    最後は意外だった。覚悟しながら読んでた。

  • 会社を辞めて実家で家事をするさとるは
    近くのスーパーで出会った鉄男に恋をした。
    厳しすぎる母親の監視下でつきあいを続けるうちに
    彼と結婚してこの家に引き込むしかないと考える。
    さとるはこの家から出られない理由があるから。
    カバーデザイン:多田進

    おそろしい…
    ひどく閉鎖的な親娘とその危険な魅力に惹かれる男。
    鉄男は本当のところどこまで本気だったのかな。
    怖いもの見たさだけで結婚まではできないと思うけれど
    それでも嘘もついていたわけだし。
    いずれにせよこの少しだけずれているというところが恐い。

  • 教訓のような答えも
    祈りのようなハッピーエンドもない

    山本文緒の描き出す物語

    そこにあるのは
    夢物語ではなくて
    ずるく、うそつきで、おくびょうな
    人間たちが織りなす時間

    優しくて、残酷で、親しげで、孤独な。


    自分自身の感情に名前が付けられないまま行動し
    唐突に自覚する自己の正体におののくような物語です。

著者プロフィール

1962年11月13日横浜生まれ。 神奈川大学卒業後、OL生活を経て、87年「プレミアム・プールの日々」でコバルト・ノベル大賞、佳作受賞。 99年「恋愛中毒」で第20回吉川英治文学新人賞、 2001年「プラナリア」で第124回直木賞受賞。

「2019年 『シュガーレス・ラヴ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

群青の夜の羽毛布 (幻冬舎文庫)のその他の作品

山本文緒の作品

ツイートする