群青の夜の羽毛布 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.45
  • (84)
  • (142)
  • (333)
  • (30)
  • (5)
本棚登録 : 1104
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287184

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めて読んだ山本文緒さんの作品。どこで見かけたのか思い出せないけれども、たぶんどこかでレコメンドされていたのだと思う。

    母親の恐怖政治的な支配のもとで育った二人の娘とか、その父親など、複雑な家族関係が常軌を逸しているとは思うが、でも実際にこれに近しい家族は結構いるのではないかとも思う。家族の形態はいろいろあるなぁとも思えるし、家族は一番近い存在だけに非情にもなれるという点がこの話の根底にある気がする。なかなか面白かったので☆4つで!

  • サイコホラーかと思っちゃったよ。
    というくらい、主人公さとるの思考回路がヤバい。
    鉄男との結婚を思い詰めるところが本当に怖い。。。

    母娘の関係の異常さも生々しい。
    でもラスト前に母親が「私だってこんなに妥協してやってんのにあとどうすりゃいいっていうのよ!」「何でも私のせいかよ!」みたいに言うところは、確かにそうだよなあ、、、と思う部分もある。
    次女という立場も大きいだろうけど、みつるは何とか育ってるわけだし。

    鉄男と母親が何で寝たのか、っていうかその出来事ってストーリー上必要⁇とか思っちゃうけど、それでさとるがキレるわけだから必要か。
    でもなんか唐突な感じがした。

    そして鉄男が嘘をついてたっていうのも、は?ってなる。
    結婚しようとか、今までのモノローグはなんだったわけ?
    やはり少し唐突に感じる。

  • ミステリというよりもミステリアスな雰囲気が終始漂っている作品だった。
    そのおかげで一気読み。
    この不思議な感じの正体が知りたくて。
    最初どこにでもある母子家庭なのかなと思っていた。
    母親はきつそうで、姉は精神的に病んでるのかな、妹は妹らしい子だなと何の疑いもなく読み進めていたんだけど、どこかで何かが引っかかる。小骨のようなもの。あるのかないかもわからないレベルの違和感。
    それがどこからなのかは判然としない。たぶんずっと。最初からだと思う。
    その小骨が知らぬうちに大きくなっていく。
    山本文緒さんの作品を読むのは初めてなのだが、どの作品もこんな感じなのだろうか。
    落差がない。じわじわ。本当にじわじわ不思議さが増していく。最後までそれは変わらず、違和感の正体がわかっても収縮もしない。なんだこれ、と思った。
    共感するところもあまりない。好きになれる人物もいない。
    ただ、なんか惹かれる。けれど、その正体もわからないという謎だらけの作品。
    読み終えた時に心に残ったのは虚無感と満足感。相反するのに共存しちゃっている。何度も言うけれど、本当に不思議。

  • 歪んでても歪んでなくても家族は家族なんやろうなぁ。
    ウチは、こんな風じゃなくて良かったと安心しながらもアタシが、こんな母親に絶対にならへんかって不安も同時に出てきて、、、。
    「気をつけよう。」なんて思う事で、身動きが取れんくなるんも怖い。
    でも、気を付けよう。

  • 一番最初に思った事、うちの母はこんな人じゃなくて良かった!

    それくらい、さとるとみつるの母親は厳しいと思った。
    この火事を境にして、この家族がこれからどのように動いていくのか気になるところ。私としては今まで虐げられて苦労してきたのだから、鉄男と結婚して幸せになって欲しいと思う。

  • だいぶ前の作品だから携帯などなく公衆電話からの電話だったり、ディスコに集まる若者だったり、なんとなく時代を感じさせます。でも、内容は今の時代に読んでも面白かった。
    山本文緒さんの描く女性像はいつもどことなく不安定で、誰もが持っているかもしれない心の奥底の淀んだ部分を突いてくる感じ。それが、恐怖でもあり、共感するところでもあり、ついつい惹きこまれてしまいます。
    この話は母親が強烈すぎて、父親が弱すぎて、現実離れしている感がありながら、さとるの精神的弱さや恋愛に依存してしまうあたりにリアルを感じました。
    家族だからこそ甘えられる部分があったり、行き過ぎてしまう部分ってあるよな~と考えさせられます。

  • なんかひんやりしてて怖い雰囲気のお話。
    歪んだ家族のなかにある闇。
    そこから逃れようとしてる妹とか、
    人間味ある鉄男とかが救いかな。

    やっぱりこの人のお話好きだなー。

  • すごい!うまい!

    ”音”の描写。
    神経質な長女をあらわしてると思ったら・・・
    父のたてる音に常に耳をそばだてていなければならなかったから。

    先生と患者の談話。
    患者は父だとうすうす気づくけど、先生が長女だったとは!!
    一番始まりのおでんの会話なんて、先生が長女だとわかるとつらすぎる。

    きれてる母。
    「何もかも、母親のせいなの?
    (略)
    そうしたら、私がこうなったのは私の母親のせいじゃない。
    その母親を育てたのは祖母よ。
    どうして育てた人間のせいにするのよ」

    「あの男は私の夫だけど、もともとは血のつながっていない他人よ。
    さとるは血の繋がった娘じゃない。面倒を見て当然よ」

    これくらい自信を持ちたいもの。

  • 狂気的なんだけど、よくありそうでもあり、怖かった。でも面白かった。家族ってなんだろう?と思いました。

  • 悶々としてしまう小説。

著者プロフィール

1962年11月13日横浜生まれ。 神奈川大学卒業後、OL生活を経て、87年「プレミアム・プールの日々」でコバルト・ノベル大賞、佳作受賞。 99年「恋愛中毒」で第20回吉川英治文学新人賞、 2001年「プラナリア」で第124回直木賞受賞。

「2019年 『シュガーレス・ラヴ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

群青の夜の羽毛布 (幻冬舎文庫)のその他の作品

山本文緒の作品

ツイートする