弟 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.47
  • (9)
  • (12)
  • (30)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287368

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私にとって石原裕次郎は「太陽にほえろ」の「ボス」という印象が圧倒的に強く、昭和の大スターであったことがなんとなくわかったのはずいぶん後だった。本書ではその大スターの兄だからこそ知りえる弟裕次郎の幼少期から、その死までのエピソードと著者自身の心情がたっぷり記されている。ちょっとオカルティックな話もあり、石原慎太郎、裕次郎兄弟もそのような体験をしていたところは特に興味深かった。本来裕次郎のファンは現在60~70代くらいの人が多いのだろうけど、その下の「太陽にほえろ」や「西部警察」世代の人たちにとっても十分楽しめる本だと思う。あと、人の好みが多様化、細分化した現代においては、老若男女が熱中するようなスーパースターはもう、出ないんじゃないかとも感じた。

  • 65
    俳優、石原裕太郎の人間を最も近い場所から最も長く見守り、ともにしてきた兄、慎太郎が綴る、弟の真実の姿。
    昭和の人気スターの人間臭い一面が露わになるのも、何のフィルターも介さずとも、阿吽の呼吸が可能な兄弟ならではか。

  • 大学関連でごたごたがあったのでアレですが、小説家としての石原慎太郎は結構好きです。裕次郎さんの作品を観たことはなくても、彼のカリスマ性とその生き方を身内視点という不思議な側面から垣間見ることができます。

  • 石原裕次郎の一生を兄の目線から綴った一冊。
    昭和の男らしい、豪快な人生が好きなら楽しめると思う。その時代の映画見てるみたいだった。

  • 兄の手ではじめて明かされた石原裕次郎の全貌。―人生をタッグマッチで生きた2人きりの兄弟。死にゆく者と、生き残る者の無言の交錯。かけがえのない弟の知られざる生涯を、死の瞬間まで凝視し、生と死の根源を問う25年ぶりの書き下ろし長編小説。小樽、湘南の少年時代。海との結合。父の死と経済的逼迫。放蕩の季節を経て、一躍映画界の大スターへ。そして北原三枝との結婚と独立プロの設立。栄光と比例するように襲いかかる病魔との闘いの日々。たった1人の弟の光と影を秘められたエピソードで描きつつ、自らの来し方を振り返る石原文学、最初で最後の私小説。

  • 石原裕次郎さんと言えば、父母世代の有名人で、私にとっては、太陽に吠えろのボスや西部警察で偉そうな顔しているおじさんであった。一方の作者の石原慎太郎さんは、国会議員から東京都知事になって言いたい放題の人と言うイメージであった。

    この作品を読んで、この兄弟の歩んだ道について知ることができた。すごく恵まれた家に生まれ、如何にも金持ちの長男と次男が進みそうな、まるで小説のような人生だと。しかしそれが現実に起こったこと、本当の兄弟の人生とは、なかなか信じがたいほどの人生だと感じた。

    小学生の頃に太陽に吠えろごっこなどしていた私も、今では裕次郎さんが亡くなられた歳を過ぎている。今回、慎太郎さんの初期の頃の作品を読んでみたい気になった。

  • 時代の恩寵

  • 21世紀初頭、テレビで、石原慎太郎、渡哲也、北野武の三人が、語り合いをしていた頃、近所の交差点からヒッピーが今から遊びに来て良いかと電話して番組自体をみれなかったので、購入。

    目が見えなくなっているので、Kindleで読んでみたい一冊です。

    追加
    ★kindle storeで検索したら、早速みつけたので読んでみます。

  • 今は亡き裕次郎との幼い頃からの思い出です。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4877287361
    ── 石原 慎太郎《弟 199607‥ 幻冬舎 199906‥ 幻冬舎文庫》
     
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4062762471
    ── 佐野 眞一《誰も書けなかった石原慎太郎/ 20090115 講談社文庫》
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20121025
     脳内新党 ~ 石橋群団の簿外負債 ~
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%C0%D0%B8%B6+%BF%B5%C2%C0%CF%BA
     

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1932(昭和7)年神戸市生まれ。一橋大学卒業。55年、大学在学中に執筆した「太陽の季節」により第1回文學界新人賞を受賞しデビュー。翌年同作で芥川賞受賞。『亀裂』『完全な遊戯』『死の博物誌』『青春とはなんだ』『刃鋼』『日本零年』『化石の森』『光より速きわれら』『生還』『わが人生の時の時』『弟』『天才』『火の島』『私の海の地図』『凶獣』など著書多数。作家活動の一方、68年に参議院議員に当選し政界へ。後に衆議院に移り環境庁長官、運輸大臣などを歴任。95年に議員辞職し、99年から2012年まで東京都知事在任。14年に政界引退。15年、旭日大綬章受章。

「2019年 『湘南夫人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

弟 (幻冬舎文庫)のその他の作品

弟 Kindle版 石原慎太郎
弟 単行本 石原慎太郎

石原慎太郎の作品

弟 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする