デジタルな神様 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.51
  • (7)
  • (12)
  • (29)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287511

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • SFショートショート。
    今では当たり前になったことも未来的なこととして扱われている。
    手塚治虫や『攻殻機動隊』のような未来を私は常に見てみたいと思っていたけれど、この作品が刊行された時代を思うと、今自分が居る時代が既に近未来SF的な時代なのだなと気づいた。
    また同時に、既にこんな前からこの技術やあの技術は研究がなされていたり、成功していたのかと思うとわくわくする。
    ファミ通で連載されていたということもあり、読みやすく作られており、活字が苦手な自分でも、空き時間などにサラッと読める。
    ストーリーもちょっと捻ってあって面白い。
    星新一さんのような小気味よさもあった。

  • デジタルな星新一?!

  • 科学は倦怠。

  • ジャンルはシムフィクション。シリーズ第三弾。
    ストーリーテラーの才能は群を抜く。
    この渡辺氏のショートショートのまとめる力。多角的に見せる技。
    相変わらず素晴らしい。

    仮装近未来のそれぞれであるが、2012年の今ではどれも過去の産物。
    しこし、この展開は驚嘆せざるを得ない。

    読みてを飽きさせない、社会性に富むネタ。ぜひ、今後も続けて欲しいシリーズですな。

  • 「1999年のゲーム・キッズ」シリーズ第3弾。
    個人的には前作までの話の方が好みだが、相変わらずブラックユーモアに溢れたストーリーは秀逸。

  • オウム事件を予見したと話題になった編を含む、人類の危機を予言した小説集

  • 1994年当時から見たハイテクを題材としたショート・ショート。
    『1999年のゲーム・キッズ』シリーズ(アスペクト刊)第三巻の文庫化。

  • 前々から名前は存じ上げてたのです。
    『1999年のゲームキッズ』というその道ではメジャーというかカルトな本を上梓していて、何年か前に再刊があったし。
    世間的にはSPEEDが主演した映画『アンドロメディア』の原作者だよ、と言うとわかりやすいかな。
    『ファミ通』で掲載していたSFショートショートをまとめた3冊目。(1冊目が上記『1999年〜』)
    何せ95年初版なので、携帯電話やインターネット広告など今となってしまっては普通のものが普通に描かれているように見える。
    でも、それってすごいことだよね。
    違和感なく、想像したとおりになってるってことだから。
    もちろん、まだ実現されていないものもあって、いつかそれが普通にある世界がくるのかな、なんて思ったりして。
    ショートショートとしての出来もいい。
    先が見えるものもあるけれど、ちゃんとひねっているというか、私が想像していた先まで落としてくれる。

    解説 / 太田 忠司
    カバーCG / 小畑 正好
    カバーデザイン / 幻冬舎デザイン室
    初出 / 『週刊ファミ通』1994年秋〜1995年春

  • ショートショート集。発表から年月が過ぎ、ネタ元の科学知識は古びてしまったが、ストーリーに劣化はなし。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小説家・ライター。ゲーム制作会社(株)GTV代表を務める。代表作に「ゲーム・キッズ」「プラトニックチェーン」「iKILL」の各シリーズ、『怪人21世紀中野ブロードウェイ探偵 ユウ&AI』、『吐田君に言わせるとこの世界は』などがある。

「2019年 『令和元年のゲーム・キッズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺浩弐の作品

ツイートする