浅野忠信 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.52
  • (14)
  • (4)
  • (39)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 97
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784877287580

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「今回の本は、ごく日常的に動き回っている僕を友達のMaduが撮影するってことで、成立した企画だ」との浅野忠信さんの言葉から伺えるように、大変著名な俳優の仕事現場からプライベートまでを、ファンに提示してみたら売れるんかもね、という文庫本写真集。構えたカメラじゃなくてなるだけ自然な表情を撮るという意図を持っているようだが、”その場にカメラがあるんだ”、という事を俳優はやはり意識しているのだ、と思わせられる。たぶん、おそらく、俳優だけでなく、あらゆる人間の被写体は、そこに、自分の目が届く場所にカメラがあったら、そのレンズによって切り取られる自分を、そしてシャッターが押されて、ある程度の期間(うまくすれば、人間の寿命よりもかなりの長い年月)定着された画像を撮られている、ということを意識せざるを得ないのだと思った。

  • ため息でちゃう。だって、かっこいいんだもん。

  • ごく自然体の浅野忠信さんのいろんな表情、スタイル、仕事仲間や家族との関係がおなかいっぱい味わえる写真集♬♫

    手のひらサイズで持ち運べる文庫本になってて嬉しい。

  • 奥様のチャラさんの曲はよく聴いていたけど、主演映画『MONGOL』のアカデミー賞ノミネートされ、初めて演技していない浅野さんを拝見した。

    めっちゃ気さくでユーモアに溢れた方なんだと一気にファンになりました。

    私にとって新たな浅野忠信さんの発見でした。

  • ごく自然体の浅野忠信さんのいろんな表情、スタイル、仕事仲間や家族との関係がおなかいっぱい味わえる写真集♬♫

    手のひらサイズで持ち運べる文庫本になってて嬉しい。

  • わたしがもっている唯一のひとが被写体の写真集、
    もちろんミーハー心もあるのですが笑、写真ひとつひとつが、作品としてすごくいいものだとおもいます

    ひとを撮った写真って、撮影者と被写体の距離感がかなりあらわれると思うんだけど、こう被写体が作りこんだポーズをとって、それを撮影者がビジネスライクに撮ったものと、お互い愛し合っている恋人同士やだいすきな友達同士が自然に撮ったものってすごく違うわけで、
    この作品は後者のタイプの作品ということで、俳優さんをこういった形で撮るってのはめずらしいんじゃないかな、、
    映画とかでみるのとはちょっと違った顔が見れます

  • かっこよし。
    ステキング☆

  • 浅野さんのミニ写真集♡
    自然体の浅野さんがたくさん載ってます☆
    やっぱり素敵な方です♡

  • かっこいい。

  • 彼の魅力を知るには充分な感じですが、もう少し大きいサイズでの再編集を求みます。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年11月27日生まれ、神奈川県出身。
1990年『バタアシ金魚』でスクリーンデビューを果たして以後、国内外の映画に出演。『モンゴル』は、2008年の第80回米国アカデミー賞で外国語映画賞にノミネートされた。2011年『マイティ・ソー』でハリウッドデビュー。2014年には『私の男』で第36回モスクワ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。カンヌ国際映画祭においては2015年『岸辺の旅』で「ある視点」部門監督賞、2016年『淵に立つ』で「ある視点」部門審査員賞と、主演作が2年連続受賞。自身も第10回アジア・フィルム・アワード最優秀助演男優賞、さらには第11回アジア・フィルム・アワード最優秀主演男優賞と“アジアのアカデミー賞”とも言われる同賞で史上初の2年連続主要部門受賞の快挙を果たした。
俳優業のみならず、音楽家としても活動し、「SODA!」でバンド活動や、DJも行う。また、自身のブランド「JEANDIADEM」で洋服のデザインも手がける。

「2018年 『蛇口の水が止まらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅野忠信の作品

ツイートする