ハノイの犬、バンコクの象、ガンガーの火、 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.39
  • (4)
  • (6)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287979

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 旅に出られなくなった今だからこそ読んだのか?兎に角、以前毎年通う様に行っていた東南アジアの空気を少しでも思い出したくて買ったのかもしれない。そんな一冊。また、旅に出たい。

  • 20代前半、旅をしていた頃が自分にとっての青春だったのだと改めて気付かせてくれた一冊。

  • 読書録「ハノイの犬、バンコクの象、ガンガーの火、」3

    著者 小林紀晴
    出版 幻冬舎

    P52より引用
    “「ネパールにいる時は、ぜんぜんキョウミなかったね。でもニ
    ホン来たら、これ腕に巻きたくなった」”

     目次から抜粋引用
    “ガンガーの火
     路上の約束
     窓からの風景
     旅の行方
     届かなかった手紙”

     新聞社勤務を経て後フリーになったカメラマンによる、アジア
    を旅して回ったフォトエッセイ集。
    バラナシから香港まで、たっぷりの写真と情感あふれる文章で記
    されています。

     上記の引用は、東京へ留学していて一時帰国していたネパール
    人の一言。故郷は遠くに在りて思うものということでしょうか。
    遠く離れることで、自分の居た場所を再確認出来るのかもしれま
    せん。
     写真の量は豊富なのですが、モノクロなので少しさびしく感じ
    ます。文章の調子も相まって、より寂しく感じたのですが、そう
    なるように考えて構成されているのかもしれません。
    写真はもともとモノクロなのかもしれませんが、それにしても少
    し暗すぎる感じを受けてしまいました。

    ーーーーー

  • 10年以上前に、青春と読書って雑誌でこの人の文章に出会った。
    それが「写真学生」だったんだけど、
    大好き!ってわけじゃないのになぜか惹かれる
    それが小林紀晴なのです。

    読んでてすごく楽しいか?面白いか?
    というと全くそうではなく...

    この人の書く文章にはいつもぼんやり哀しみが漂っていてる。
    それは油断するともっていかれそうになるほどの深い哀しみ。

    久しぶりに読んでもそれは変わっていなくて
    だから私はこの人の書く文章が、
    この人が、好きだと思った。

  • 異国の地で異国の友人と再開する「日本にはチャンスがいくらでもある」日本人はどこにだって行けるが、彼の国は違う。彼の手助けは出来ない。

  • なんだかちょっと寂しさを感じる旅行記だった。
    旅ってこうゆ~もんなのかな・・・。

  • インド、ネパール、タイ、ヴェトナム、インドネシア、香港、澳門と、旅の途中で出会った人々を描くフォトエッセイ。

    小林紀晴の文章は、アジアの風景を自分の内側に取り込んで自分の風景にするような、不思議と柔らかい文体です。それが好きで、僕はかなり頻繁に本を読み返すのだけれども、本書もそんな愛着のある一冊です。

  • 会社をやめ、旅に出たのは何故か。チャンスがあるのに生かさない自分を変えてくれる

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

小林紀晴(こばやし・きせい)
1968年長野県生まれ。写真家・作家。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業後、新聞社カメラマンを経て1991年に独立。1995年、アジアを旅する日本人の若者たちの姿を写真と文章で描いた『ASIAN JAPANESE』でデビュー。1997年『DAYS ASIA』で日本写真協会新人賞。2013年、写真展「遠くから来た舟」で林忠彦賞受賞。著書は『愛のかたち』(河出文庫)、『見知らぬ記憶』(平凡社)など多数。最新写真集に『孵化する夜の鳴き声』(赤々舎)がある。

「2019年 『まばゆい残像 そこに金子光晴がいた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林紀晴の作品

ツイートする
×