愉快なナースのないしょ話 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877288419

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実用的な良書。
    全身麻酔は秘密を口にする可能性があるので注意(誰にも話せない秘め事を墓まで持って行けないかも)。
    亡くなったおじいちゃんが杖を探しに病室に戻って来た話、これは死後の世界の存在を何よりも証明している。
    最期に本の表紙を見て死んでいくがん患者、僕も好きな本を死の床に準備したい。

  • ちょっと書かれた時代がふるいところもあったけれど、病院内の新しい発見もありびっくり。杖を捜しにきた亡くなったおじいさんだったり、手術室で本音(?)を叫んでしまう人だったり、、、、。ナースのお仕事に憧れたりもするけれど、やっぱり大変なお仕事だよね。尊敬します。もっと、適切に扱われるべきだよね。
    小林さんがナースをやめようと思った理由を書いている部分があったけど、私も仕事をしていてこれでいいのかと思った瞬間は何回かあったなぁ。疑問に思う瞬間ってあるんだろうな。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

エンゼルメイク研究会代表

「2015年 『ナースのための 決定版エンゼルケア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愉快なナースのないしょ話 (幻冬舎文庫)のその他の作品

小林光恵の作品

ツイートする