KYOKO (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.41
  • (9)
  • (12)
  • (46)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877288495

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公のシンプルさが切なく美しい。

  • 人にはそれぞれ生きることのテーマが定められている。
    それを初めて理解するきっかけになった。
    強く心揺さぶられた、生涯愛する本の一つ。

  • たしか、高岡早紀さん主演で映画化された気がする。
    村上龍さんの作品の中でめずらしく、セックス、ドラッグ、暴力が出てこないもの。こういう小説も書くんだ、というのが素直な感想。
    そして、いかにもかもしれないが、好きな作品である。

  • シンプルに
    そして、前に向かうことへの
    彼女の力の源のはずが
    既に彼女自身が源になっていた。

    旅の中で気づいた
    愛と力とその命に流れる
    関わった人の心の声。

    彼女は、一生忘れることはないだろう。
    そして、自分の足でいつまでも
    ステップを踏み
    彼女のものになった心を
    もっと広く大きく開花させるのだと思う。

    奇跡的な物語ではない。

    ただ、迷子になりかけていた彼女が
    自分の足を取り戻しただけ・・・。

  • キョウコの頑張りに励まされる。

  • 「ゴールにたどり着いたと認めた瞬間に、未来は消えてしまう。
    途上にいて、しかもそれを楽しんでいる時、わたしは未来を手にすることができる。」
    日頃の生活はしんどくてつらかった。
    学校のテストにしてもそう。仕事にしてもそう。とにかく、終わり(ゴール)を目指してがんばった。
    終わりを目指すのではなく、途中を楽しむことにした。
    それでも、毎日のごたごたには疲れ果てることがある。
    そんな時でも、途中を楽しもう♪と考えることで、余裕が生まれる。
    ちょっとしたことだが、大きな違いを感じている。
    周りの流れにのらず、自分の流れで生きていく。
    そのほうが僕は楽しい。
    アナタは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

KYOKO (幻冬舎文庫)のその他の作品

KYOKO (集英社文庫) 文庫 KYOKO (集英社文庫) 村上龍
KYOKO[ビデオ]の詳細を見る 単行本 KYOKO[ビデオ] 村上龍
KYOKO(キョウコ) 単行本 KYOKO(キョウコ) 村上龍

村上龍の作品

ツイートする