株主代表訴訟 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.21
  • (2)
  • (7)
  • (17)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 80
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877288556

作品紹介・あらすじ

百貨店の赤木屋は会長の藪田とその愛人の美恵子に支配されていた。ある日、監査役の水上のもとに「三十万株以上の株主」と名乗る正体不明の男たちが現れた。「赤木屋を私物化している藪田と美恵子の経営責任を追及せよ、さもないと訴える」と恫喝された水上は絶体絶命の危機に…。外資の買収戦略を描く戦慄の企業法律小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こちらは面白かった。商法、会社法を身近に感じられる本。それにしても、監査役ってのも、実は結構なリスクをしょったお仕事なんですね。

  • r long time

  • エピローグまで面白い。監査役の権利義務もだが、改めて上場のリスクを思い知らされた。

  • 推薦図書 

    詳しくは後ほど

  • 後頭部をどつかれたぐらい衝撃を受けた本。普段は会社の盲腸と呼ばれている「監査役」がここまでできるんだなと、ただただ関心し、また衝撃を受けた。
    株に興味のある方は是非一度読んでみて欲しい。決して損はないです。

  • ストーリーが強引。人物の背景描写も薄く物語り全体に奥行きが全く感じられない。
    作家本業ではないため仕方がないか…

  • 外資の買収戦略を描く企業法律小説。

  • 牛島信の小説って「ビジネス・ロー・ノベル」(企業法律小説)というジャンルらしい。この小説は企業の役員の中でも「監査役」という、普段はよくその存在がわからない役職の業務について詳しく説明されている。そして主人公の水上は監査役の権限をフルに発揮し、株主代表訴訟を起こし、腐りきった百貨店「赤木屋」を立て直していくのだ。現代版勧善懲悪小説とも言えるかも・・。

  • 法学部在籍時に、法律に手軽に親しめるモノをと購入しました。
    小説としてはいかがなものかというのが正直な気持ちですが、会社と株主との紛糾する場面を分かりやすく描いていると思います。

  • 監査役の存在意義は、代表訴訟であると思ったぐらい面白い。
    会社に対する訴えを起こす場合、監査役が代表して、訴訟を起こすことを知っていましたか?
    会社法の知識があると格段に面白く読めます。

全11件中 1 - 10件を表示

株主代表訴訟 (幻冬舎文庫)のその他の作品

株主代表訴訟 単行本 株主代表訴訟 牛島信

牛島信の作品

ツイートする