ルーンの教科書―ルーン文字の世界 歴史・意味・解釈

制作 : Lars Magnar Enoksen  荒川 明久 
  • アルマット
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877316105

作品紹介・あらすじ

現在でも占い等で注目を集めるルーン文字の本当の姿を、膨大な数の図版とともに照らし出す。北欧諸大学では教科書としても採用されている「ルーン学」の入門書、唯一の邦訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは、文字通り、ルーン文字の教科書です。
    ルーンによくあるのがおまじない本で、歴史を扱っても、ヴァイキングの絡みでお茶を濁す程度が殆どなのですが、この本は珍しくちゃんとした学術書(語学書)です。
    各時代のルーンの扱いと、その解読の歴史、そして、ルーン文字の変化が書かれています。
    後半は殆ど、現存するルーン文字の文章とその対訳による解説です。
    占いや魔術といったお遊びではなく、
    ルーンについて、正しく学びたい方に、オススメしたい一冊です。
    因みに、「ルーン文字の世界 歴史・意味・解釈」の改訂新版です。

全1件中 1 - 1件を表示

ラーシュ・マーグナルエーノクセンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
デイビッド・モン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする