われらが故国 (愛知文教大学叢書)

  • 愛知文教大学出版部
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877581473

作品紹介・あらすじ

本書は、ホーソーンが、駐リヴァプール、アメリカ領事に任命されて、イギリスにいた時のエッセイである。彼は、1854年7月16日にリヴァプールに到着して、1857年8月末日まで領事の職にあった。しかし、後任者の着任が遅れたために、家族と共にイギリスを離れて、ヨーロッパ大陸に出発したのは、1858年1月5日のことであった。『われらが故国』は、彼のイギリス滞在記であるが、単なる旅行記ではない。そこからは、物語では、象徴化されたり、ぼやされたりしている、彼の意図が、彼の本心が直接に読みとれる。作品は、作家ホーソーンを理解するためにも、彼の物語を理解する上でも、重要なものである。

ナサニエル・ホーソーンの作品

われらが故国 (愛知文教大学叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×