自分らしく暮らす豊かさを―「私の部屋」が伝えてきたこと (Basic Life)

著者 :
  • アノニマスタジオ
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877586317

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高度経済成長を経て、日本は物質的に豊かになったが、心の豊かさとか、昔ながらの先人の知恵とかが忘れられつつある。そんな70年代に創刊されたのが「私の部屋」という雑誌だったそう。「私の部屋」の記事はオシャレだけど、道具の使いやすさ、職人の仕事、デザインの美しさなど、本質的な「豊かさ」に重きが置かれている。欧米礼賛の、流行の輸入や流行の使い捨てではなくて、日本の良いところを見つめなおし、また欧米の良い部分は積極的に取り入れようとする。日本人女性がより美しく、より賢く、より豊かに生きるためのヒントが沢山詰め込まれてたのだろうと思う。今ではもうこの雑誌を読むことはできないが、編集者のマインドに共感した。これまでの自分は、流行を追うだけだったり、見た目だけを繕うだけだったりと中身が全然なかったなぁと反省。これからは毎日の生活を豊かに過ごせるようになりたいと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

インテリアスタイリストとしてのキャリアを生かし、現在は手仕事まわりの取材・執筆を中心に仕事をする。モノと人の関係を通し、普通の当たり前の日々に喜びや楽しさを見いだせるような企画を提案している。著書に『メキシコの刺繍』『金継ぎのすすめ』など。

「2013年 『雑木のある庭に暮らす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小澤典代の作品

ツイートする