おかずとご飯の本

著者 :
  • アノニマ・スタジオ
3.98
  • (48)
  • (30)
  • (49)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 340
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877586584

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 考えていたより普通なレシピ。
    高山なおみさんというとアジアンのイメージがあるので。
    でも盛り付けはなんとなくアルミのあのお皿が似合いそうだった。
    お鍋のレシピが美味しそう。

  • 料理本好きな私ですが、料理本にも相性があると思う。なんだろう、作りやすさとか、調味料の感じとか。もちろん、作ってみての味もある。
    高山さんの料理は、私にとって相性の良い感じです。
    素朴で飽きのこない、シンプルなおかず。
    ご飯が進む、何度でも食べたくなる味です。

  • 基本もありつつ応用もあるような内容。

    写真もスタイリングも作り方の構成も
    ちょうど良いサッパリ具合です。

    料理はシンプルで、なんてことない味付けのようで、
    でも自分のひきだしには無いものがある。
    味見したときの、心の中の小さな叫び「おおっうまい」が楽しみ。

    正直、またナンプラーか!と思いながらも、ちょいと入れると
    「おおっ!」となるのです。

    好きな味なので
    同じシリーズの「野菜だより」とともに
    これからもわが家で活躍する本だと思う。

  • また買ってしまった。

    この人が作るご飯も大好きなのである。
    写真も、とてもいいし。
    そして、中の細かな解説も有難い。
    (イカのさばき方とか)

    普段のご飯が、少しでも美味しくなるよう努力出来る本。
    いつもの変わらない味もいいけど。
    少しの工夫で、"いつもの"より美味しくなることがある。

  • いくつか作ってみたが、どれもおいしい仕上がり。
    背伸びをせず、ちゃんと地に足がついていて、
    しっかりおいしいといった感じ。

  • さらーっと見る。

  • 映画に出てきそうにお洒落なスタイリング。だけどお洒落なだけじゃなくて、ほんとに美味しそう。高山さんのお料理の魅力です。

  • つゆだくの親子丼おいしかった。
    ベーシックな和食から、エスニックで無国籍っぽいものまで、高山さんらしいレシピたち。作りやすく、良い本だと思います。

  • 食欲は、生きる欲。

    お腹がすくと、ああ生きていられる、と安心していたあの頃を思い出す

    でも実際ぱっと作るにはハードル高い(料理得意じゃない自分)

  • 写真も気取りすぎてなく、
    作り方もシンプルなものが多く
    実際の食卓に乗りそうな、実践的料理本。

    はじめてカレイの煮つけを作った。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年静岡県生まれ。料理家、文筆家。レストランのシェフを経て、料理家になる。におい、味わい、手ざわり、色、音……日々五感を開いて食材との対話を重ね、生み出されるシンプルで力強い料理は、作ること、食べることの楽しさを素直に思い出させてくれる。また、料理と同じく、からだの実感に裏打ちされた文章への評価も高い。
著書に『日々ごはん①〜⑫』、『帰ってきた 日々ごはん①〜④』、『野菜だより』、『おかずとご飯の本』、『今日のおかず』、(以上アノニマ・スタジオ)、『『料理=高山なおみ』(リトルモア)、『今日もいち日、ぶじ日記』、(新潮社)、『気ぬけごはん』(暮しの手帖社)、『新装 高山なおみの料理』、(KADOKAWAメディアファクトリー)、『実用の料理 ごはん』(京阪神エルマガジン社)、『ココアどこ わたしはゴマだれ』(河出書房新社)、『たべもの九十九(つくも)』(平凡社)など多数。近年は絵本作りにも精力的に取り組んでおり、『どもるどだっく』(ブロンズ新社)、『たべたあい』(リトルモア)、『ほんとだもん』(BL出版)、『くんじくんのぞう』(あかね書房)がある。

「2019年 『帰ってきた日々ごはん⑤』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高山なおみの作品

おかずとご飯の本を本棚に登録しているひと

ツイートする