そして、暮らしは共同体になる。

著者 : 佐々木俊尚
  • アノニマ・スタジオ (2016年11月30日発売)
3.64
  • (6)
  • (10)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
  • 134人登録
  • 20レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877587550

作品紹介

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを、「ゆるゆる」と生きるための羅針盤。

そして、暮らしは共同体になる。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三拠点で軽やかに生活している佐々木さん。ご夫婦それぞれ自立して、やりたいことを満喫している様子。私にとっては、自然体の生き方に思える。内容が、自分がここ数年で考えてきたようなことばかり。彼らのように、移動しながら自分のやるべきことを、どこでもだれとでもしていける状態を作っていきたい。

  • ノームコア(普通の中核)
    p338

    個性的であろうとすればするほど世の中には個性的な人だらけになって逆に目立たなくなってしまうと言う矛盾

    全員が灰色の制服を着ている中で1人だけ真っ赤な私服を着ていれば目立ちますが、全員がめいめいに派手な原色の服を着ていたら、その中で真っ赤な服を着ていてもまったく目立ちませんよね。

    この状況を先程の文章「ユースモード」はマスインディーと言う言葉で表現しました。個性的であること、独自であることが、マス(大衆)になってしまうのだという意味です。

    「ユースモード」はこうも書いています。「誰になるか( become someone)ではなく誰かと一緒にいること(to be with anyone)なのだ」

  • 『キュレーションの時代』のときも感じたけど、佐々木さんは時代の空気みたいなものを切り取るのが上手いと思う。

    いまの気分にとてもしっくりくるし、横のネットワークは自分を救う糧になる。これからは血縁ではなく、赤の他人と支え合う時代になる。家のために個人を犠牲にするのではなく、個人として最善を尽くして、生計をたて、慎ましく健康にすごしていけたらと思う。

  • オイシックスの話あり。日々の暮らしを丁寧に。あらためて目標としたい。

  • 「上へ、上へ」の成り上がり、「外へ、外へ」の反逆クールから「横へ、横へ」のゆるゆるへ。自分が目指していた生き方を説明してくれた気がした。

  • ゆるゆるとしたていねいな暮らし。
    だからと言って全てがアナログで不便な暮らしってことじゃない。

    全てを理解できたわけではないけれど、いろいろな分析を読むことができて勉強になりました。

    そして、コーティングされていない「紙」らしい紙で全てが作られていて、紙の匂いのする、いとおしい感じの本でした。最近、電子書籍ばかり買って読んでいるので、「本」というモノの良さを思い出させてくれました。

    そして、とりあえず、家の中の不要なモノを捨てたくなりました(笑)。

  • 上へ上へではなく、
    外へ外へでもなく、
    横へ横へゆるゆるとつながる感覚

    うんうんと納得。

  • 【社会への意識】
    本当は社会に参加しているはずのに、孤立している感じ。
    漠然とした不安は、どこからやってくるのか?
    扉で閉ざすことを暮らしで習慣にしているから起こるのかな…と漠然と感じました。
    新しく動き始めている人たちの例をのぞける本です。

  • ていねいな暮らし。そこから見えてくる何か。

  • 自分を含めた大衆の大きな方向性が見える本だった。求めていたことは、実現不可能な遠くのシアワセではなく今ここにある日常の喜びだったことに気づく。

    情報過多の時代を生き抜くのに、自分だけ知らないのでは、体制や大企業に騙されているのではないかと、情報集めしてなるべく情報の上流にいようとあくせくしてきた。

    食に関する情報が良い例だ。
    オーガニック原理主義という罠には、意識高い系のほうがはまりやすい。
    情報の速さを競って十分考えることなく、フェイクニュースを知らずにシェアしているかもしれない。

    他人と比べたり経済的成功も望む一方、
    ただ「自分の好きな世界とつながりたい」
    「心地よさを味わいたい」
    「同じような感覚の人たちと知り合いたい」
    という社会的欲求がある。
    インターネットがあるおかげで、
    その欲求を満たせるような
    ネット上でもリアルでも共同体に近い
    つながるコミュニティが作りやすくなっている。
    お互いが自由で、ゆるゆるとつながる。
    それが文化になりつつある。
    あたたかく明るい未来予想図が目に浮かぶ。

    『「いまここにある生活そのものを大切に愛おしみたい。心地よい暮らしを日々くりかえしたい。そしてその先に、自分もこの社会のひとりであることを自覚し、「自分も人々と同じであること」「多くの人たちとつながっていると」という共同体への回帰』というささやかな願望を言葉に表現してくださった本。
    人のつながりを企業や科学技術がサポートしていくこれからのイメージが湧いた。

全20件中 1 - 10件を表示

そして、暮らしは共同体になる。のその他の作品

佐々木俊尚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
ジェームス W....
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

そして、暮らしは共同体になる。を本棚に登録しているひと

ツイートする