• Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877587819

作品紹介・あらすじ

1990 年に刊行されて以来長らく絶版だった絵本をテーマにした対談集『素直にわがまま』(1990 年偕成社刊) が待望の復刊です。長新太さん×五味太郎さんの対談にはじまり、絵本作家、小説家、詩人、編集者ら現在も活躍している18 人の、時を経てもゆらがない信念と言葉。絵本とは、読者とは、ものづくりとは、仕事とは、芸術とは、人生とは――対談を通して、「絵本」を越えたヒントがもらえる、宝箱のような一冊です。
「絵本」とは、作家がどのように世界を見ているかそのものです。絵本作家の五味太郎さん、長新太さん、林明子さん、コピーライターの糸井重里さん、作家の高橋源一郎さん、佐野洋子さん、詩人の谷川俊太郎さん、小説家の江国香織さん、吉本ばななさんなどなど、現在も活躍される18人の方々の、28年の時を経てもゆらぐことのない信念と言葉の数々。絵本とは、読者とは、ものづくりとは、仕事とは、芸術とは、人生とは。対談を通して、絵本や本を越えたヒントがもらえる、人生の羅針盤となる一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵本のこと は むろん
    描くということは どういうこと
    モノを見るとは どういうこと
    人の聲に耳を傾けるとは どういうこと
    自分の思いを伝えるとは どういうこと
    人が生きていくとは どういうこと
    などなど…

    「絵本」作家たちの
    一人語りではなく
    二人での対談という形であるがゆえに
    丁々発止の中に
    それはそれは 奥行きのある
    味わい深い お話が
    そこかしこからあふれ出してくる

    対談の合間に、
    時々入ってこられる
    「編集部」の松田素子さんの
    合いの手 が 絶妙です

  • 20年以上前の本だそうです。復刻版
    なかなk面白い企画だと思いますが、
    ちょっと難しいというか絵本のことは
    あまりわからないので読みづらい部分もありました。
    でも、なんとなく深い内容もあり
    そういうところは面白いと思いました。

  • もう本当に、復刊ありがとう!!!!!
    28年も前の話とは思えない瑞々しさ。
    宮崎駿のとこも入れて欲しかった…。

    長新太さんのとこ読んでたらちょうど長さんの誕生日でびっくりした。
    絵本はためにならなくったって全然いいのだ。

    ツーショットの写真も、いちいち良い。

  • 祝復刊!

    アノニマ・スタジオのPR
    敬愛しあう作家同士で絵本について語った対談集
    1990 年に刊行されて以来長らく絶版だった絵本をテーマにした対談集『素直にわがまま』(1990 年偕成社刊) が待望の復刊です。長新太さん×五味太郎さんの対談にはじまり、絵本作家、小説家、詩人、編集者ら現在も活躍している18人の、時を経てもゆらがない信念と言葉。絵本とは、読者とは、ものづくりとは、仕事とは、芸術とは、人生とは――対談を通して、「絵本」を越えたヒントがもらえる、宝箱のような一冊です。
    編集者のおすすめポイント
    「絵本」とは、作家がどのように世界を見ているかそのものです。絵本作家の五味太郎さん、長新太さん、林明子さん、コピーライターの糸井重里さん、作家の高橋源一郎さん、佐野洋子さん、詩人の谷川俊太郎さん、小説家の江国香織さん、吉本ばななさんなどなど、現在も活躍される20人の方々の、28年の時を経てもゆらぐことのない信念と言葉の数々。絵本とは、読者とは、ものづくりとは、仕事とは、芸術とは、人生とは。対談を通して、絵本や本を越えたヒントがもらえる、人生の羅針盤となる一冊です。
    https://www.anonima-studio.com/books/essay/dialogue-about-picturebooks/

  • 読了。絵本に関わる仕事をしている人たち(五味太郎、佐野洋子、谷川俊太郎…)による対談集。どの対談も面白かったんだけど、30年近く前に出版された本の復刊ということで、すでに亡くなった方も多く、存命の作家も立場が変わってしまっている。
    時代背景としても、30年前というのは絵本の業界に閉塞感があったことが伺える(いまは出版界全体に閉塞感があるわけだが)。私が絵本を読むようになったのは子どもができたこの15年ほどのことだけど、今は当時よりも絵本の地位が上がって、評価されるようになっているのではないかと思う。絵本のことを子どもが読むものだと決めつける価値観はもう古いよね。
    とはいえ、根底の部分で全然変わらない価値観もあり、職業人として、アートとの関わりについて、葛藤がみられて興味深かった。とくに五味太郎さん黒井健さんのはかなり読みごたえがあった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1927年、東京に生まれる。漫画、絵本、イラストレーション、エッセイなどさまざまな分野で活躍。絵本に、『おしゃべりなたまごやき』(文芸春秋漫画賞)、『ぞうのたまごのたまごやき』(小学館絵画賞)、『ふゆめがっしょうだん』(絵本にっぽん大賞・以上福音館書店)、『はるですよふくろうおばさん』(講談社出版文化賞絵本賞・講談社)、『さかさまライオン』(絵本にっぽん賞)、『ゴムあたまポンたろう』(日本絵本賞・以上童心社)、『キャベツくん』(絵本にっぽん大賞・文研出版)など多数ある。巌谷小波文芸賞受賞。路傍の石幼少年文学賞受賞。

「2018年 『やまがあるいたよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長新太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
宮下奈都
笠井瑠美子
西 加奈子
ヨシタケシンス...
トーンテレヘン
新井 見枝香
西 加奈子
ヴィクトール・E...
ヨシタケシンスケ
西 加奈子
ショーン・タン
平野 啓一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

絵本のこと話そうか —対談集を本棚に登録しているひと

ツイートする
×