• Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877587819

作品紹介・あらすじ

1990 年に刊行されて以来長らく絶版だった絵本をテーマにした対談集『素直にわがまま』(1990 年偕成社刊) が待望の復刊です。長新太さん×五味太郎さんの対談にはじまり、絵本作家、小説家、詩人、編集者ら現在も活躍している18 人の、時を経てもゆらがない信念と言葉。絵本とは、読者とは、ものづくりとは、仕事とは、芸術とは、人生とは――対談を通して、「絵本」を越えたヒントがもらえる、宝箱のような一冊です。
「絵本」とは、作家がどのように世界を見ているかそのものです。絵本作家の五味太郎さん、長新太さん、林明子さん、コピーライターの糸井重里さん、作家の高橋源一郎さん、佐野洋子さん、詩人の谷川俊太郎さん、小説家の江国香織さん、吉本ばななさんなどなど、現在も活躍される18人の方々の、28年の時を経てもゆらぐことのない信念と言葉の数々。絵本とは、読者とは、ものづくりとは、仕事とは、芸術とは、人生とは。対談を通して、絵本や本を越えたヒントがもらえる、人生の羅針盤となる一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20年以上前の本だそうです。復刻版
    なかなk面白い企画だと思いますが、
    ちょっと難しいというか絵本のことは
    あまりわからないので読みづらい部分もありました。
    でも、なんとなく深い内容もあり
    そういうところは面白いと思いました。

  • もう本当に、復刊ありがとう!!!!!
    28年も前の話とは思えない瑞々しさ。
    宮崎駿のとこも入れて欲しかった…。

    長新太さんのとこ読んでたらちょうど長さんの誕生日でびっくりした。
    絵本はためにならなくったって全然いいのだ。

    ツーショットの写真も、いちいち良い。

  • 祝復刊!

    アノニマ・スタジオのPR
    敬愛しあう作家同士で絵本について語った対談集
    1990 年に刊行されて以来長らく絶版だった絵本をテーマにした対談集『素直にわがまま』(1990 年偕成社刊) が待望の復刊です。長新太さん×五味太郎さんの対談にはじまり、絵本作家、小説家、詩人、編集者ら現在も活躍している18人の、時を経てもゆらがない信念と言葉。絵本とは、読者とは、ものづくりとは、仕事とは、芸術とは、人生とは――対談を通して、「絵本」を越えたヒントがもらえる、宝箱のような一冊です。
    編集者のおすすめポイント
    「絵本」とは、作家がどのように世界を見ているかそのものです。絵本作家の五味太郎さん、長新太さん、林明子さん、コピーライターの糸井重里さん、作家の高橋源一郎さん、佐野洋子さん、詩人の谷川俊太郎さん、小説家の江国香織さん、吉本ばななさんなどなど、現在も活躍される20人の方々の、28年の時を経てもゆらぐことのない信念と言葉の数々。絵本とは、読者とは、ものづくりとは、仕事とは、芸術とは、人生とは。対談を通して、絵本や本を越えたヒントがもらえる、人生の羅針盤となる一冊です。
    https://www.anonima-studio.com/books/essay/dialogue-about-picturebooks/

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1927 年、東京に生まれる。漫画、絵本、イラストレーション、エッセイなどさまざまな分野で活躍する。絵本に、『おしゃべりなたまごやき』( 文芸春秋漫画賞)、『ぞうのたまごのたまごやき』( 小学館絵画賞)、『はるですよふくろうおばさん』( 講談社出版文化賞絵本賞・講談社)、『さかさまライオン』( 絵本にっぽん賞)、『ゴムあたまポンたろう』( 日本絵本賞・以上童心社)、『キャベツくん』( 絵本にっぽん大賞・文研出版)、『ぼくはイスです』(亜紀書房)など多数。巌谷小波文芸賞受賞。路傍の石幼少年文学賞受賞。2005 年没。

「2016年 『これが好きなのよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長新太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする