ブライアン・トレーシー 100万ドルの法則

制作 : Brian Tracy  田中 孝顕 
  • きこ書房
3.30
  • (3)
  • (2)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (107ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877710866

作品紹介・あらすじ

本書は、「一代で財を築く億万長者」というテーマで著者が行なってきた、一五年間にわたる調査、教育、および自分自身の経験をまとめたものである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 100万ドルの法則について知りたくて読書。

    ブライアン・トレーシー『トータル・マネジメント・プログラム』の紹介的な内容。20代のセールパーソン向け。

    余計な雑音を落とし、やりたいことへひたすら集中する。研ぎ澄まされた集中力を持って他と差をつけ、抜け出す。そのために目標をしっかりとイメージし、常に考えて、行動を変えていく。シングルタスクで。

    行動を変えるために、運動し、食生活を管理し、本を読み、人間関係を変える。

    思考や感情を変えるために発する言葉を変える。

    「パーキンソンの法則」は10代で知っておくべき法則。20代以降がまるで変わってくると思うから。

    読書時間:約15分

  • 大好きなブライアン・トレーシーの本ということで、一昨日池袋のブックオフで購入。内容は「フォーカル・ポイント」を要約した感じ。ということで、☆☆☆。

  • でてくる言葉はビジネス本でよく見かけるような類のもの。
    読みやすくわかりやすく書かれているので繰り返し読んで自己暗示をかけ実行するのによいのでは。

  • 薄いが的をついた本

  • ページ数が少なくて、ふつうの半分以下しかない。

    書いてある内容も他のトレーシーの本と同じなので、そっちを買ったほうが良いかも。

  • 2004/12/26読了。
    成功は予測できる。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

ブライアン・トレーシー

米国でもっとも著名なスピーカー、トレーナーコンサルタント。人材養成ビジネス会社、BRIAN TRACY INTERNATIONAL INCの会長兼CEO。
20代は不遇の貧乏生活を送るが、セールスマンとして頭角を現し、億万長者となった。現在は世界85ヶ国以上30種類以上の事業を手掛け、IBM,モービル、バンクオブアメリカ、クライスラー、コカコーラなどを始め、超有名企業200社以上に関わる。彼のプログラムは55ヶ国において500万人以上が受講する記録的大ヒットとなった。
また、講演家にとって名誉ある、アメリカ4000人の講演家で構成される「National-Speakers Association」の5大スピーカーの1人として選ばれ、現在ではトップ4%で構成されている殿堂入りも果たしている(ロナルド・レーガン元大統領も殿堂中の1人)。
主な著書に『カエルを食べてしまえ!』(ダイヤモンド社)『大切なことだけやりなさい』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

ブライアン・トレーシーの作品

ツイートする