2年7ヵ月で66万円を3億円にした年利1000%を目指す!株短期売買法

著者 :
  • きこ書房
3.65
  • (7)
  • (9)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877711832

作品紹介・あらすじ

株は宝くじのように運のみに左右されるものではありません。実力さえあれば億万長者への道も十分可能です。そして、その実力は努力さえすれば誰でも身につけることができるのです。詳しい専門知識は必要ありません。基礎的知識を組み合わせ、そして売買の回数を増やすことだけで、著者は66万円から3億円を稼ぎ出しました。このノウハウをみなさんにお教えいたします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ファンダメンタル分析とテクニカル分析を織り交ぜて解説。
    わかりやすい。

  • もちろんトレードの本はその時々の時代背景、相場の地合いに左右されることが多い。
    震災前と現在とではこの本の使える箇所も違うと思う。
    でも終盤のところは個人的に色々と気付けることが多かった。

  • 10d1

  • これを読んで誰もが3億円を手にできたら苦労しないだろう。
    しかし、株をするにあたっての基礎知識は十分に得られる。

    これを読んだのは2006年頃。
    時代は加速度的に変化している。
    果たしてこれが現在通用するのか、再度読んでみようかな。。。

  • コレ一冊で、ほとんどカバーされてます、株式トレードの虎の巻.

    全くの初心者もトレード歴5年程度の方も、ぜひお勧めします。

    タイトルから想像するのとは大違いのきちんとしたトレード技術の解説本です。 自慢話はなく、むしろエピソードとして失敗談や反省が随所にちりばめられていて、わかりやすです。

  • 自分のやり方に近いものがあったので、個人的に参考になった。

  • 具体的、初心者でもわかる、かつ実践的。
    株を始めるなら、取引のルールを学んだあとに、これを読むことをすすめる。

  • 2009.8
    ヤフオク:750円

  • テクニカル・スイング・投機に関する、
    テクニカルの解説と実践に関する本である。

    実践的なローソク足、移動平均線の読み方と、
    実際に著者が行ったトレードを詳細に解説した本である。

    順張り買いパターン、逆張り買いパターンは参考に
    なる。

    また、実際に著者が行ったトレードは、いろいろなイベント
    (下方修正や、公募増資発表など)の際の取引を
    克明に記しており、参考になる。

    テクニカル一辺倒ではなく、ファンダメンタルズも考える
    姿勢には好感が持てる。


    しかしながら、稼ぐ投資家は、ここまで労を惜しまない人
    ではないといけないんだ、と思った。

全11件中 1 - 10件を表示

相良文昭の作品

ツイートする