仕事の流儀

  • きこ書房
3.70
  • (6)
  • (10)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877712167

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フォード崇高者。この手の本は本当に色々な考え方がある。簡単に言えば、金儲けのための本。ためになった。

  • はじめこの本を購入した時は、
    ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」の
    著者ということを認識していたため、

    http://goo.gl/mAEBAZ

    「思考は現実化する」の本をベースにして
    仕事の取り組み方が書かれていると思っていました。

    しかし、この本はいい意味で裏切られました。

    その理由は、もちろん、

    「思考は現実化する」

    http://goo.gl/mAEBAZ

    でも記載されていることも紹介していますが、
    他にも

    ・好きな仕事で成功する方法
    ・時間の使い方
    ・希望する仕事を手に入れる方法
    ・ヘンリー・フォードに学ぶ仕事の流儀

    それだけでなく、

    ・あなたを成功に導く「売り込む」技術

    も紹介されていた。

    相手に売り込むことは、
    営業職をしている人に限らず、

    http://goo.gl/mAEBAZ

    男性なら女性に、
    会社に、
    商品、サービスを顧客にセールスするなど

    相手が存在する以上必要なスキルになります。

    人間の根本的な心理、分析をしてきた、
    著者なので、一読することをオススメします。

    人間の根本的な心理、分析をしてきた、本は
    こちら
    ↓↓
    http://goo.gl/mAEBAZ

  • 仕事に重点をおいて書かれています
    3部構成で、1部は若い人を対象にした仕事に関すること、2部はヘンリー・フォードの成功ノウハウ、3部は仕事で役に立つスキルについてです。

  • ①報酬以上の仕事をする
    ②明確な目標を定め、それを達成するために集中する
    ③相手の立場に立ち、相手が望むことを率先してする

    この三つは特に大事にしたいと思う。

  • 市場価値を高めることを知りたくて読書。

    ナポレオン・ヒルが研究した成功哲学をセールスパーソンとしてどう生かすかを紹介している。

    原理原則に基づき、自分の市場価値を高め、自分を売り込む。

    もっと営業力を付けたいと考えているので、再読して気づきを得たいと思う。

    読書時間:約45分

  • 2009/
    2009/

    ニコ生

  • 2007.5.2 購入

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1908年、駆け出しの雑誌記者時代に、アンドリュー・カーネギーと出会う。カーネギーの要請で万人が活用できる成功の秘訣の体系化に着手。カーネギーの尽力もあり、著名な500名以上の各界成功者が共同作業に携わる。20年後の1928年、初期プログラム完成。そして実践の場での有効性を調査し、再び検討を重ねて52年後の1960年に、遂にPMAプログラムを完成(80年後の1988年に新版完成。日本語版はこの新版による)。この間、ウッドロー・ウィルソン大統領の広報担当補佐官、フランクリン・ルーズベルト大統領の顧問官を務める。また、講演家としても活躍。大富豪の一人としても、その名を残している。ナポレオン・ヒル財団設立後、1970年87歳で没。

「2020年 『新装版 成功哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ナポレオン・ヒルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デールカーネギ...
デールカーネギ...
ジェームズ アレ...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

仕事の流儀を本棚に登録しているひと

ツイートする
×