悪魔を出し抜け!

  • きこ書房
4.06
  • (23)
  • (15)
  • (12)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 289
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877713119

作品紹介・あらすじ

1938年に書き上げながら、親族の反対により70余年封印されていた「悪魔」との対話。人間の「意識」がもつ可能性を解き明かすナポレオン・ヒル幻の新刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 個人的には「思考は現実化する」よりも共感し感銘を受けました。

    この本を読んでいて連想したのがマトリックスという映画です。
    うまく説明はできませんが、マトリックスでいう仮想現実に生きている多くの人と、この本で言っている悪魔が98%の人類を支配しているというところを。
    そして残り2%の周りに流されず自分で考える人がマトリックスの主人公であるネロと重ねて読んでました。

    読んでて何度もゾクゾクしました。
    ぜひ多くの人に読んでいただきたい一冊です。

  • PDF
    悪魔を出し抜け

  • 個人的にいろんな啓発本読んできた中で、かなりよかった本です。

  • kindleで、読了。
    面白かった。
    悪魔が、意外と具体的な話までしていたのが、おかしくもあり、頼もしくもあり。
    長編ながら話が長いとも思わず、自分に出来ていない所が浮かび上がるため、評価も5つ星。
    しかし、電子版で長々とした対話を読むと、読んだはなから忘れていくので、困り物です。
    都度メモが大切。

  • 博士が「もう一人の自分」と出会ったのが偶然なんだけど、そこんとこを方法論まで確立してくれてる人はいないのかな。

  • ナポレオン・ヒルの成功哲学に関する本の中で最も読みやすいと思います。

    この世のあらゆる欲望を具現化した"悪魔"との対話形式と著者が対話するという形式の構成。

    陰謀論のような印象も受けるが、ハッと気付かされることが多々ある。

    『思考は現実化する』がかなりボリューミーで挫折しやすいので、この本から読み始めてみるのも良いかもしれない。

  • 仕事場の同僚と古市幸雄さんの著書に影響され、毎朝早起きをして出社をすることでできた時間を使って、30ページずつコツコツ読んで、2週間かけて読了しました。

    なにより学びになったのは、「流されずに自分で決めて行動する」ことで初めて人生を変えられること、そして「習慣化し、その習慣化を固定化することで変化を起こせること(著書内ではこれを"ヒプノティックリズム"と呼んでいる)」である。

    これから自分の人生を変えるため、目標と計画を立て、それらに忠実に決断をしていきたい。

  • 習慣と思考をコントロールすることの大切さを学んだ。流される、自分で考えないといった態度が、いかに人生に望まない結果を招いているかを知った。自分の生き方を見つめ直すいい機会になった。

  • (オーディオブック、febe)
    ナポレオン・ヒルの挫折からの回復の物語と、「悪魔」とナポレオン・ヒルの会話からなる。この構成故に引き込まれる。「マスターの教え」では最初とても抵抗があったこの流れだが、本当に底から這いあがる人のためにはどうしても必要な流れなのだと気が付く。

    「悪魔」は何も制約が無いかのごとく、何でも言いたいことを言う。人間社会に属していれば公表したくないことも、ずけずけと言う。それが、この本のだいご味であり、自分を変えようとする私たちに響くのだ。

    オーディオブックで聴き込むのが良い。心に浸透させるには、何度も何度も取り入れる必要があるからである。また、対話なのでオーディオブックの方が分かり易く、聞きやすい。

  • 成功哲学の秘訣を、人の暗黒・マイナス面を支配する悪魔に、その手口だけでなく、支配されない方法まで聞いてしまうという型破りな対話。
    悪魔の手口としては、自分で思考することなく外の常識や権威に「流される」こと。ヒプノティック・リズムにより下らない習慣を繰り返すこと。
    流されないための7つの原則は
    ・目標を明確にすること
    ・自制心を持つこと
    ・逆境から学ぶこと
    ・環境から受ける影響をコントロールすること(交友関係)
    ・時間(否定的な思考習慣ではなく、肯定的な思考習慣を確立し、知恵をつけること)
    ・調和(明確な目標を持って行動することにより自らの精神的、霊的、物理的環境を支配すること)
    ・警戒(実行する前に計画を見直すこと)

    ポジティブな希望をもって、知識をつけて、自らの知恵とし、しっかりと考えた明確な目標を定めて、実行計画を立て・見直し、高い志をもつ仲間とともに意識を共有し、行動していく。
    ヒル博士の考え方だけでなく、シャロン・レクターのコメント(解説)がよいアクセントになっていた。
    悪魔を分化させている点では、個人的に★-1
    16-220

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1908年、駆け出しの雑誌記者時代に、アンドリュー・カーネギーと出会う。カーネギーの要請で万人が活用できる成功の秘訣の体系化に着手。カーネギーの尽力もあり、著名な500名以上の各界成功者が共同作業に携わる。20年後の1928年、初期プログラム完成。そして実践の場での有効性を調査し、再び検討を重ねて52年後の1960年に、遂にPMAプログラムを完成(80年後の1988年に新版完成。日本語版はこの新版による)。この間、ウッドロー・ウィルソン大統領の広報担当補佐官、フランクリン・ルーズベルト大統領の顧問官を務める。また、講演家としても活躍。大富豪の一人としても、その名を残している。ナポレオン・ヒル財団設立後、1970年87歳で没。

「2020年 『新装版 成功哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ナポレオン・ヒルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
稲盛和夫
スティーブ・シー...
クリス・ギレボー
伊賀 泰代
ジェームス W....
デールカーネギ...
佐々木 圭一
落合博満
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔を出し抜け!を本棚に登録しているひと

ツイートする
×