頭のいい夫婦 気くばりのすすめ―ちょっとしたコツですれ違い解消!!

著者 :
  • コスモトゥーワン
3.16
  • (2)
  • (13)
  • (20)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 113
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877950989

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夫婦は生まれも育ちも考え方の異なるふたりであり、
    極端な話、他人な訳です。

    本書は夫婦それぞれが、男女の性質を理解して、
    素敵な夫婦生活を送るための秘訣が満載です。
    なぜ?こういうことなの?が明確になります。

    人生一度きりの中で、夫婦は長く時間を共有する
    訳ですから、素敵な人生となるよう、夫婦生活も
    お互いを思いやり頭を使って、素晴らしいものにできると良いに決まってますね。

    結婚されている方だけでなく、結婚を考えられている方にも非常に良い本ですよ。

    第1章 なぜ、夫婦間に亀裂が起こるのか?
    第2章 夫をやる気にさせる会話の仕方とは?
    第3章 男と女の違いがわかれば夫婦円満に
    第4章 夫婦にもたらす八つの愛情表現
    第5章 意外と知られていない男女の性欲の微妙な違い

  • ◎一瞬にして夫婦関係を険悪にする行為
    ①相手をけなし批難する
    ②自分との考え方の違いを認めない
    ③相手の欠点を無理に変えさせようとする。
    ④くちやかましく言う
    ⑤相手のプライドを傷つける
    ⑥暴力を振るう
    ⑦乱暴な言葉遣いをする
    ⑧不倫をする


    ◎変えられないのは過去と他人、変えられるのは未来と自分


    ◎男性は、自分の価値を認め、便りとし、信じてくれる女性のためには「全てを捧げ命を懸けて守ってあげたい」という本能的心理がある。
    いつも「お父さんはすごい」とほめてくれ、失敗して落ち込んだときにも「あなたにはきっとできる」と励ましてくれる。そんな妻をもてば、最初は弱弱しそうな男でも、腹のそこから自信と勇気がわいてきて、頼もしく働き、その上妻子には限りなく優しい「理想の男性」に成長する。

    そしてまた「あなたをしんじています」ということばほど、男を奮い立たせる言葉はない。


    ◎男性は目からの刺激に大きく影響を受ける。妻は化粧や服装などに気を配り、養子やしぐさを美しくかわいらしく保つことは、夫婦の愛をよりよく醸成するには有効。


    ◎妻が夫に期待すること
    愛情表現/会話/誠実さ/経済的安定/子供との交流

    ◎夫が妻に期待すること
    性的充足/遊び仲間であること/魅力的であること/内助の功/賞賛の声



    ◎男性の場合は、女性とは逆で 性:愛=7:3 ぐらいの比率
    女性が「愛情のないセックスはむなしく、耐えられない」と同じで
    男性は「セックスのない愛情はむなしく、耐えられない」


    ◎女らしさを端的に言えば、「美しさ」「やさしさ」「細やかさ」。もちろん、精神的魅力と肉体的魅力の両面において。


    ◎男性が願う理想の女性は、歌にもあるように「妻をめとらば、才長けて、見目麗しく情けある」。芯はしっかりしているが、言葉や態度は常に謙虚で「優しい妻」であり、夫や子供に「安らぎをもたらす母」


    ◎愛情表現の8つの方法
    ①言葉で直接
    ②贈り物
    ③スキンシップ
    ④具体的奉仕
    ⑤自分の仕事に励む
    ⑥好きにさせてあげる
    ⑦性生活でサービス
    ⑧クオリティタイム(旅行やお茶)


    ◎常住坐臥、すなわち、立ったり座ったり、食べたり寝たりの日常生活そのものの中に仏道を極める修行がある。

  • まぁ、基本的にいいこと書かれてる。
    女性が『愛情のないセックスは虚しく、耐えられない』というのと同じように、男性は『セックスのない愛情は虚しく耐えられない』と思うとか、おお!なるほど、そこ解ってると解ってないのとじゃ(現実に対処は出来なくても)、ちがうかもな~とか。
    でも、ちょっと世代が上かな…って思う。
    夫が家のことをする記述が「手伝ってあげる」になってるのが、いちいちカチンときて。
    ああ、著者は父親世代の男性だと解って、いろいろ納得。

  • 図書館の良い夫婦の日にあった
    男性が書いたものだけれど、納得できるところが多々あり
    特に、
    男性は性8(7)対 愛情表現2(3)
    で女性は逆というところで、今までの夫婦生活がすごく納得できた

    じゃあ、どうするの? ということで、
    夫は妻に優しくする
    妻は夫の性欲に応える
    と、一番難しいことが書かれていたけれど、
    そもそも性の違いを結婚前に知っておくともっと喧嘩なく過ごせるかも、と思ったり

  • 読み返し

  • 口やかましく言わない‼

  • ◾︎愛情表現の違い。女性が、『愛情のないセックスは虚しく、耐えられない』というのと同じように、男性は『セックスのない愛情は虚しく耐えられない』と思うらしい。
    ◾︎男性にとって性生活は、仕事=緊張、ストレスからの解放であって、心が癒されてから初めて我に戻り、妻への愛情が湧いてくる。
    ◾︎女性は、愛情を感じなければ、セックスはしたくないというのが女性心理。
    ◾︎男性は、遊び仲間で在りたいと思っている。できるだけ共通の趣味を探すこと。
    ◾︎男性は妻が、一緒に歩いても楽しく、いつまでも魅力的であって欲しいと強く思っている。視覚による男性にとって、外観の魅力を保つことは夫婦関係を維持するのに大切な要素。

  • 図書館で借りました。
    この本に書いてある、妻が夫に言ってはいけないことばかり言っていた私。
    急には変われないけど「夫は違う星からやって来た人」と大らかに考えてみればいいそうで・・・。
    返却期限が迫っていたので、ザッとしか読めてないからいつか古本で買ってじっくり読見返してみたい。

  • 11月22日は語呂合わせで「いいふうふの日」だそうです。夫婦の例として「功名が辻」で注目された山内一豊の妻・千代など歴史上の有名人も紹介されています。いい夫婦度チェックや男女の違いをわかりやすく解説してあります。最後にはマザー・テレサの言葉で締めくくられていますよ。結婚している人も結婚していない人にも全ての社会人に読んでもらいたい。

  • 2012.3.17 初読 市立図書館

    夫婦喧嘩をした日に図書館に行ったので、なんとなく借りてみた(笑)

    あ~はいはい。~ってことがほとんど。

    とにかく、私はごちゃごちゃ言い過ぎなんだよね。
    感情的になって相手を責めるのはやめよ。気をつけよ。

    思いやりの心と、気持ちをきちんと伝えること。

全18件中 1 - 10件を表示

頭のいい夫婦 気くばりのすすめ―ちょっとしたコツですれ違い解消!!のその他の作品

頭のいい夫婦気くばりのすすめ オンデマンド (ペーパーバック) 頭のいい夫婦気くばりのすすめ 松本光平

松本光平の作品

頭のいい夫婦 気くばりのすすめ―ちょっとしたコツですれ違い解消!!を本棚に登録しているひと

ツイートする