願わなければ叶う5つの真実

著者 :
  • コスモトゥーワン
3.33
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877951405

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2011.1.2
    Point
    1。幸せとは、「何かになること」「何かにをすること」ではなく「イマ、ココにあること」の中にある。
    2。「なりたい」「したい」の幸せは、長続きしない。
    3。苦しみは、心に境界線を引くことから始まる。
    4。最初秀吉は、天下統一の目標は持っていなかった。
    5。人生に答えはない!答えを与えてくれる人を求める結果、無限の可能性を持っていた自分を枠だらけにしてします。
    6。夢を見つけることで、今の不安から逃避するための手段にしていないか?
    7。価値があるからするのではなく、価値があるかどうかわからないものでも夢中になれるものこそ、本当の価値があるのではなかろうか。
    8。イヤイヤではなくイマに飛び込み、受身の人生から主体的な人生へと逆転する。
    9。自分らしさという器があるために、その器内でしか、自分を表現できない。器がなければなんにでも変身することができる。
    10。人生の意味や価値は体で感じるものである。頭で感じるられるほど小さくはない。

  • んー。
    5つというより「イマ・ココにいなさい」って事だけでいいんじゃない?ってカンジ。

  • www.taikyo9.com

  • 幸せとは イマ ココにあること のなかにある

    アタマばかり使うな カラダで考えろ
    脳はヒトの脳と野生の脳に別れる
    あるいは 意識の自分と無意識の自分に分けることもできる
    頭痛の人は ヒトの脳 意識の自分が働きすぎている

    苦しみはココロに境界線を引くことから始まる
    夢や目標の実現を願うとき
    将来の理想的な自分 と 現在の未熟な自分
    との間に境界線が生まれ
    そこにおける争いが苦しみや悩みの原因となる

  • 目標を持つとそれ以外の可能性を捨てるということ、には少し驚いた。

全8件中 1 - 8件を表示

願わなければ叶う5つの真実のその他の作品

有野真麻の作品

ツイートする