写らなかった戦後3 殺すな、殺されるな 福島菊次郎遺言集

著者 :
  • 現代人文社
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877984564

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦後日本の最初の過ちは「敗戦」を「終戦」と詐称し、天皇の戦争責任を免責したことである。
    この強烈な書き出しで始まる本作品は、日本に絶望しながらも、救いの種を一粒でも投げようとする福島菊次郎の遺言書ともなっている。

  • 戦後の日本が、無かったことにしようとしてきた出来事、人々を長年にわたってとらえ続けてきた筆者の描く戦後史。
    知らないでいること、無関心でいること、そういう暮らしをしていると自分もこの国に良いように騙され、搾取され、抑圧され、使い捨てられてしまう怖さを感じた。この国のメッキの下にはどんな思想、力学が働いているのか、写真家というミクロな視点から積み上げて構成した大作。

  • 特攻隊、戦争孤児、戦争孤老、在韓日本人妻、ハルモニ、日本国籍確認訴訟の宗斗会・林景明、南京大虐殺など、写真だけでは伝えられなかった戦後史の記録。本書は戦争と虐げられた者を写し続けてきた報道写真家・福島菊次郎による、現代に生きる者に向けた最期のメッセージ。

全3件中 1 - 3件を表示

福島菊次郎の作品

ツイートする