仙術超攻殻オリオン (Comicborne)

著者 :
  • 青心社
3.60
  • (29)
  • (17)
  • (66)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 283
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878920073

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 作者の作品は攻殻が有名ですが、オリオンのほうが分かりやすい作品ではあります。
    深い世界観をアップテンポで描かれているところが好きです。

  • アップルシードや攻殻機動隊でお馴染みの士郎正宗氏です。
    日本神話とクトゥルー神話と科学のありえないコラボレーション……と書くとよう解りませんが。東洋思想と科学(ここでは『仮学』と呼ばれている)をミックスしてアレンジするという考え方に、当時ものすごい衝撃を受けたわけですよ要するに。

  • これだけでも良い

  • 久々に読みたくなって本棚から発掘。
    そういえば士郎さんは今何をしてらっしゃるのだろう。

    士郎正宗さんの本の中で私が読んだうち一番わかりやすかったと思った本。まあ色々わからないんですがその辺りもフィーリングと神話でカバーできる気がするので。(あくまで自分の気持ちですが)時々読み返したくなる本です。クシナタ姫が美人だし。

  • SF系が多い士郎正宗氏の著作の中にあって、異色のファンタジーもの。しかし、これまた深い。

  • 士郎正宗作品では一番好きかも

  • 押し入れの大掃除してたら発掘!

    買った当時、何回読み返したかわからん。
    発掘したからまた読む。

  • 最近、この本にある、
    「会得するのは術そのものではなく、術の対極」
    「だから、(神)術は出すのではなく成す」
    と言うのがちょこちょこよぎります。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家・イラストレーター。’82年に同人誌市場にデビュー。以降主な作品として『アップルシード』シリーズ、『ドミニオン』シリーズ、『攻殻機動隊』など。アニメ家としての主な作品は『ブラックマジックM66』。そのほか、ゲームや画集などさまざまな制作分野で活躍。

「2017年 『攻殻機動隊小説アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

士郎正宗の作品

ツイートする
×