ドミニオンC1―コンフリクト編 第1話 (Comic borne)

著者 :
  • 青心社
3.78
  • (19)
  • (12)
  • (33)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 175
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878920660

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 細菌雲も設定どころか、世界観も変わって別世界の物語なのよね。
    レオナの戦車ラブぶりはより明白になってるけど、ちょっと分別がついたのは大人になったから?
    それでも初期の閉塞感が好きだったなー。

  •  士郎正宗さんの漫画は難しい――
     というイメージがついているが、本作はお気楽タンク・ポリスアクション。
     レオナは分隊長に昇格しており、設定は前作よりしっかりしている。
     そこに、アンナプーマとユニプーマが戦車隊に配属されてくる!
     もう話の出だしからドタバタの気配がプンプンしますな。

     ストーリーも一巻を通して指名手配犯を追うというシンプルな物なので、『攻殻機動隊』や『アップルシード』みたいに読み手が混乱することもないと思います。
     「士郎正宗入門書」とは言えませんが、「こんな士郎さんもいいよね!」と薦められる一冊です。

  • 士郎正宗といえばサイバーパンク、という気がするが、本作はSF色が抑えられており、人間ドラマに力点が置かれている感がある。この辺が「マイルドビター」と評される所以だろうか。同じコマの中で複数のストーリーが同時並行的に進行していくのが面白い。

  • なんで画像がないんだよォ〜。士郎正宗の作品はどれも好きですが、中でもいちばん好きなのが、この「ドミニオンC1」です。攻殻機動隊ほど格好良くなく、アップルシードほど明快なテーマもなく、ただタンクポリスが元気に頑張るだけですから、痛快で愉快です。アニメなら「ブラックマジックM-66」がナンバーワンですが、コミックはコレが一番です。

  • レオナが前作より凛々しくなった!続きが読みたい…

  • どうにも散漫になりがちな士郎正宗作品の中でお気に入りの一冊。戦車隊を中心に描かれる近未来の警察の話だが、本筋と脇筋が同時進行し、微密につながっていたりする所は見事。話がいささか分かりにくいが、仕掛け絵本のようで僕は好きだ。続きが見たいが、まあ無理だろう。

  • 珍しくお笑い系の作品。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

漫画家・イラストレーター。’82年に同人誌市場にデビュー。以降主な作品として『アップルシード』シリーズ、『ドミニオン』シリーズ、『攻殻機動隊』など。アニメ家としての主な作品は『ブラックマジックM66』。そのほか、ゲームや画集などさまざまな制作分野で活躍。

士郎正宗の作品

ツイートする