飴色ロマンス―少女主義的水彩絵詞集

著者 :
  • 青心社
4.40
  • (8)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 40
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (47ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878923685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 涙を流しながら喉にハサミをつきつけて
    この少女はなにをしようとしようとしてるの?

    足を鎖で繋がれた二人の少女はぬいぐるみと鏡を
    大事そうに持って、彼女らの周りにある
    包丁やナイフ、斧、ハンマーで何を攻撃しようと
    してるの?

    瞳と心臓を交換する融合されつつある少女たちは
    どうして笑っているの?

    人形の首や腕を切っている黒髪の少女は
    何を表したいの?

    こたえてよ!

  • 本屋で出逢ったその子の名前は、飴色ロマンスといいました。
    一瞬で私は恋に落ちました。
    歪んだ、非現実的な、だけれど最も少女の思春期の心のありようを的確に捉えた画集だと思います。
    可愛く描かれている少女に微笑ましいと思った次には、小さな戦慄が身体に走るくらいの残酷さ、恐ろしさ、おぞましさが心臓を掴みます。
    ただ単純にグロテスクとは言い切れない、甘くも恐ろしい少女たちの庭園が広がっています。
    免疫のない方にはおすすめ出来ませんが、少女や残酷なものがお好きなお嬢様には是非。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

たま
少女主義的水彩画家。福井県生まれ。大阪芸術大学卒業。嵯峨美術大学客員教授。透明水彩絵の具ひとすじに、不気味キュートな独自の乙女世界を展開。ファッション雑誌「KERA」、「Gothic & Lolita Bible」挿絵提供、ロリータブランド"Royal Princess Alice"とのコラボ等、イラストレーターとしても活動中。
2004年より個展多数開催。画集に「Calling」「Fallen Princess」「Secret Mode」「Lost Garden」「リドカイン★ドロップ」「under the Rose」、最合のぼる/文・たま/絵「夜間夢飛行〜暗黒メルヘン絵本シリーズ2」(以上、発行:アトリエサード、発売:書苑新社)、「飴色ロマンス」(青心社)、ベスト版「Rosette」(ヴァニラ画廊)、がある。

「2021年 『Deep Memories』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たまの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
嶽本 野ばら
嶽本野ばら
アンディ ライリ...
中村明日美子
中村 明日美子
小川 未明
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×