飴色ロマンス―少女主義的水彩絵詞集

著者 :
  • 青心社
4.40
  • (8)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (47ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878923685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 涙を流しながら喉にハサミをつきつけて
    この少女はなにをしようとしようとしてるの?

    足を鎖で繋がれた二人の少女はぬいぐるみと鏡を
    大事そうに持って、彼女らの周りにある
    包丁やナイフ、斧、ハンマーで何を攻撃しようと
    してるの?

    瞳と心臓を交換する融合されつつある少女たちは
    どうして笑っているの?

    人形の首や腕を切っている黒髪の少女は
    何を表したいの?

    こたえてよ!

  • 本屋で出逢ったその子の名前は、飴色ロマンスといいました。
    一瞬で私は恋に落ちました。
    歪んだ、非現実的な、だけれど最も少女の思春期の心のありようを的確に捉えた画集だと思います。
    可愛く描かれている少女に微笑ましいと思った次には、小さな戦慄が身体に走るくらいの残酷さ、恐ろしさ、おぞましさが心臓を掴みます。
    ただ単純にグロテスクとは言い切れない、甘くも恐ろしい少女たちの庭園が広がっています。
    免疫のない方にはおすすめ出来ませんが、少女や残酷なものがお好きなお嬢様には是非。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

VOCALOIDを中心に、イラストや動画、マンガなどで活躍。40mPの代表曲「シリョクケンサ」のコミカライズや『恋愛裁判 僕は有罪?』(KADOKAWA)のイラストなどを手がける。作品集に『ぼかたま』(一迅社)がある。

「2018年 『スキマに3分 シャッフル学習 まめおぼえ 英検4級』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たまの作品

ツイートする